« かんだ光壽 | トップページ | 晩酌 »

至福のひととき

5時起床。
犬との散歩に出ようと思ったら、またポツポツ降り出してきて、戻る羽目に。
午後に行けるといいんだけどなぁ…。

呑んだ次の日にありがちだけれど、ものすごくお腹が空いているので、とりあえず冷凍してある玄米をレンジで温めて、納豆とたっぷりの青ネギでいただく。
先日、某所で納豆は先に混ぜてフワフワにしてから、お醤油を入れて、さらに混ぜるほうが美味しいという話になり、やってみた。
というか、もともと先混ぜ派だったのだけれど、恐らくここ数年面倒で後混ぜになっていたみたい。
久しぶりの先混ぜ納豆は青ネギのおかげもあるが、とっても美味しくてすっかり満足してしまい、これにて朝食は終了してしまった。

たまっている仕事やプライベートのタスクを片っ端から片付ける。
今日は細かいタスクが多くて、うまくスピードが出てきてそう苦もなくあれこれ片付けられた。

11時にはお腹が空いてしまい、キャベツとアンチョビのパスタ。
先日カルディで購入した安いオリーブが美味しくなくて、そのまま食べるには微妙だったので、種を取ってパスタに混ぜたらこれはこれで美味しくなった。

晴れ間が見えたので、犬と慌ててお散歩。この時期は本当にお散歩のタイミングが難しい。
フリーランスなので、まだある程度なんとかなるのがありがたい。

隠れ家に戻って仕事やお金関係の整理。
こういうのって面倒だけれど、やっておかないと後でもっと面倒になるからね。

冷蔵庫のあまり食材を片付けないと…と、「ナスとピーマンのオイスターソース炒め」  を作り置き惣菜として作ったら、思いの外美味しくできて嬉しくなる。
美味しくて、17時前だというのに、またまた冷凍玄米ごはんを温めてこの炒め物をおかずに食べてしまう…。

ナスは食感が苦手であまり好まない野菜だったけれど、やっぱり時期には安く出回るのでついつい買ってしまう。
そして、今に至っては油とナスの相性っていいなぁ…などと独り言ちている。
人は変わるものだ。

ついでにセロリのピクルスも作る。
ブログを読んでいる友人たちに、野菜ばっかりだね…と言われるけれど、健康のためというよりも、野菜を触ると、その野菜の持っている香りに癒やされるので野菜を触るのが好きなのだ。
肉と魚にはそういう喜びが残念ながらないのよね〜。

仕事の関係で、日本評論社の雑誌「こころの科学」を読む。
ここの雑誌「法学セミナー」は大学で勉強していたときによく読んでいたが、同じようにこの雑誌も初学者向きに易しい言葉で専門的な解説が書かれていたり、幅広い興味を持たせるような連載などもあり、面白かった。
どうやら私が読むべきはこちらよりも同社から出ている「そだちの科学」の方らしいということもわかり、収穫が多かった。

本日はかなり色々と仕事を片付けることができたので、晩御飯は、ご褒美にプレミアム・モルツ350mlを飲み、ハーブをたっぷりきかせた作りおきのラタトゥイユ、先日築地で買ってきた昆布巻きのかまぼこ、同じく築地で買ってきた渋川カシューナッツを肴に、ダラダラと「イエスの幼子時代」を読む。
至福のひととき…とはまさにこのことだわ〜…と。

ここ数日寒かったせいかなんだか風邪気味。耳が痒くて鼻がぐずぐずいっている。
葛根湯をのんで、本日は終了。
なかなかいい一日だった。犬の散歩以外外出していないけどね…。






« かんだ光壽 | トップページ | 晩酌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6876/65552633

この記事へのトラックバック一覧です: 至福のひととき:

« かんだ光壽 | トップページ | 晩酌 »