« 2017年6月 | トップページ | 2017年9月 »

2017年7月

欲しいものリスト更新

朝からずっとコーチング三昧の一日。

合間に「深澤直人がデザインする生活の周囲展」を観に、汐留パナソニックミュージアムに行ってきた。

静けさの漂うスッキリしたデザインだけれど、決して冷たい感じを与えない氏のデザイン。
どうすると冷たく感じたり、暖かく感じたりする違いが出るのだろう。
何でもないはずの棚が、一本斜めに縦の仕切りを入れただけで、ぐっと雰囲気を変える。

本棚として使うとしたら、大型本から文庫サイズまで1つの棚に入っていくのが単に持っている本のサイズがバラバラだからじゃなくて、棚のデザインからそうなってくると随分と見え方も違う気がする。

白のバスタブなんてどこでも見かけるものが、ちょっとしたラインと空間ですごくスタイリッシュに見えるのも不思議だ。

個人的には、ハーマンミラーの椅子サイバチェアがすごく良かった。久しぶりにほしいなぁと思う椅子だった…
。後で調べたら、お値段30万ぐらいだとか…、「いつか欲しいものリスト」にでも入れておこう。

いつも衝動買してしまうミュージアムショップは、欲しい色がちょうどなかったために無事手ぶらで通過することができたのだが、夕方丸善に立ち寄ったら、本やらストールやら大変なことになってしまった。

別府の職人さんの竹製品展をやっていて、 その美しさにため息が出る。
着物を着る人なら、ほしいなあと必ず思うであろう肥後で編まれたバッグ。
14万近いお値段で、素敵〜と思ってぼんやり眺めていたら、いらしている職人の方があれこれ模様の見方やその編み方などを話してくださった。

高いっちゃ高いんだけれど、よくよく考えたら一つ一つ全部手作りでもちろん修理もきちんとやってくれて、って考えると、ヨーロッパのラグジュアリーブランドのバックと比較すると相当にお得で、しかもどんな風に持っても恐らく下品にはならないのだから、考えてみるとそう高いとも言えないなぁと思えてくる。

もう一つとっても良かったのが、竹で編まれた花器。
中には竹を割ったような、花をさす部分があって、周囲に空間を広く取って、竹籠がそれを覆っている。
そういえば、こういうのは祖母の家にあった気がする。

鎌倉の祖母は、染め物を教え始める前は、お華を教えていた時期もあったようだ。
いわゆる生け花の瀬戸物の花器も結構あったし、日本のお花を華やかに活けるのがとても上手だった。
すっきりしたこの手の大きな籠のものがそういえば玄関正面にあった。これなら、活けるのが上手じゃなくても、かなり美しくすっきりなるのかもしれないな。
そうか、和モノって下品になりにくいのだなぁ…と改めて思う。

どちらもいつか欲しいものリストに。

とまぁ、物欲まみれで帰宅。
晩御飯は、缶ビール、マグロのお刺身、キュウリのキムチ漬け、レタスのナムル、豚肉の味噌焼き。



#テキスタイル #衝動買い #丸善 #絹 #ストール #石原実 #石原染色工房

Yoshiko Ohtakiさん(@ohyoshiko)がシェアした投稿 -





| コメント (0) | トラックバック (0)

冷やし茶漬け

やや二日酔いでスタートし、犬と5時過ぎから散歩。
イマイチの日本酒のせいで二日酔いってものすごく損した気分だ。
曇り空なので、比較的涼しかった〜。

ネットで冷たいお茶漬けのレシピを眺めていたら、猛烈に食べたくなってきた。
冷凍ご飯を解凍して、お水で洗ってぬめりを取って、紫蘇の千切り、へしこ(鯖の糠漬け)をお米の上にのせて、冷蔵庫で作り置きしてある水出汁をかけて食べたらすばらしく美味しかった。
うーん、素敵な日曜日のスタートだ。

あれこれ家事をしてから、図書館に出かけて予約の本の引取。
自宅に戻って、お昼ごはんにまたお茶漬け、今度は、ほうじ茶、チーズ、ジャコ、塩昆布という組み合わせだがこれまた美味しい。

お腹いっぱいになるまで食べてしまって、寝ながら読書して寝落ちしてお昼寝。

クリーニングやら食材の買い出しやらで再度お出かけ。
夜は久しぶりの子ども食堂開催で、娘がやってきて、串揚げ鍋でヒレカツを揚げたり、その他串揚げをする(ズッキーニ、しいたけ、カマンベールチーズ)、その他のおかずは、白瓜の糠漬け、もやしと紫蘇のナムル。

土鍋で1合だけ御飯を炊いておいたが、お腹イッパイになってしまい、この御飯は朝に持ち越し。
こりゃまたお茶漬けだね。

本日は、珍しくデザートにみかん大福も用意しておいたので、娘は大変機嫌が良い。

相変わらず、とんでもなく仕事は忙しくて、夏休み?週休二日も無理なのに?それどこの国の話ですか?って感じのようだ。

それについて、文句は大いにあるようだけれど、それなりに刺激が多くて楽しいようだから、ま、いんじゃないかと思う。






| コメント (0) | トラックバック (0)

Google Analyticsトレーニング

4時起床。
昨夜のワインが残って、二日酔い気味。
1.1kmウォーキングして、腕立て伏せを10回してから犬とお散歩。

朝食は明太子のパスタ。

午前中はのんびり家事と仕事のメールの処理などをして、お昼から四ツ谷の研修会場へ。
今日は5時間ほどGoogle Analyticsの研修を受けてくる。
基礎的な操作はわかっているが、もっとわかるとこれはかなりお宝スキルのはず…と思っていたので、研修を受けるタイミングをはかっていた。

研修内容はとても役立つもので、Webコンサルタントを本業とする講師の方の説明もわかりやすかった。
教えるのがとても上手だったり、研修内容がかなり経験をつまないとできないものだったりする方に、結構よくお会いするのだが、みなさん商売はあまり上手じゃないんだなぁ…と感じることが多い。

個人で独立するのに、その専門分野で尖ればなんとかなる…と思うのは危険だ。
個人だって結局経営だから、営業とマーケティングができなければお金は入ってこないし、法律と経理はある程度必要なんだよなぁ。
同業他社ばかりライバル視するとそうなるのかもしれない。
なんとなくわかる気はするが…。

今回の先生は、もちろんWebサイトはちゃんとしているのだけれど、商売が発展する後ろの流れができていない感じで、これだと講習受けて終わっちゃうだけで、本業のコンサルにつながらないので、もったいない感じ。
研修もアンケートをきちんと取るとか色々やりようがあると思う。

19時近くに帰宅。
晩御飯は、昨夜飲みすぎたので、芋焼酎と茹でダコのぶつ切り、豚肉とレタスのタルタルソースのサラダ風であっさりと。






| コメント (0) | トラックバック (0)

引退したらこんな生活をしたい‥

あとから振り返っての記録のため、ちょっと記憶あやふや。

順天堂の定期検診で、今日は血液検査もあり。
診察時間は午後からなのだが、血液検査の結果が出ないと恐らく診察が回ってこないので、9時には順天堂に到着するようにして、朝一番で採血を受ける。
採血の後にすぐ動くと、必ず具合が悪くなるタイプなので、しばし順天堂病院内にて座って読書&フランクリン・プランナーを開いて、本日のタスク整理。

先日からやっている個々のミッションに対して、タスクを割り振っていくというのはなかなかいい感じで続いている。
これだと、ミッション忘れちゃうこともないし、忙しさにかまけて仕事ばかりに偏ってしまったりというのがなくなる。
気分もスッキリして、し残し感みたいなのもない。

よく考えると、これって「7つの習慣」でいうところの役割ごとにタスクやスケジュールを振り分けるのと同じ考え方だわ。

午後の診察まで時間があるので、神保町散策。

よく老後に引退したらこんな生活をしたい‥というのがあるが、私だったら、毎日神保町で書店と古本屋を冷やかし、目についた本を買っては、好きな喫茶店に入って読む耽るというのがいいなぁ‥などと妄想する。

三省堂でとっても可愛い文庫本用のブックカバーを見つけてしまい、ついつい購入してしまう。となると、これにふさわしい本を…などと考えて、あれこれ見て東京堂書店で、ハマトンの「知的生活」を購入してしまう。
確か、祖父の本棚にあったのを学生時代にめくった記憶があるが、のっけから知的生活に必要なのは、適度な運動みたいな内容から始まり、当時は10代だから健康について考えることなど全くなかったので読む気になれなかった記憶がある。
今、読んでみるとこのあたりが、「本当にその通りでございます!」という感じで、グッときたのでお買上げした次第。

そして、その本を持って、ミロンガでタンゴを聞きながら、お気に入りのジャンバラヤをいただく。
ビールが飲みたいところだが、さすがに病院の診察前にそれはね‥ということで、コーヒーをいただきながらページをめくる。
あー、至福だ。

病院に戻って、診察を受けるが、薬の血中濃度の検査結果が出てこないということで、薬の増量の件は持ち越しとなる。
毎度のことだが、血液検査の結果は万全ですと言われ、毎度のことだが「悪いのはアタマだけですね‥」と言われている気分になるのは、場所が脳神経外科だからだろうか。

晩御飯は、赤ワインをあけて、買っておいたステーキ用の肉を焼いて、水菜・人参・ハム・紫蘇のサラダ、野菜焼き(トマト、蕪、ズッキーニ、ベーコン、玉ねぎに塩コショウをしてオリーブオイルをかけて、オーブントースターで野菜やいたもの)




| コメント (0) | トラックバック (0)

昭和生まれのオジサンの働き方

大半の顧問先はミーティング1件、もしくは顧客訪問へ同行してその前後にミーティングとなるのだが、ここの顧問先だけは、毎回訪問日に平均ミーティング数5件。

それが本日は色々なことが重なってミーティングが2件。
こまごましたことの整理とか、色々作業的な仕事がはかどって本当にありがたかった。
ミーティングも出るたびに、タスクが減るよりも増えることがほとんどだからなぁ。

これだとかなり疲れも少ない。

社員の頃は、ミーティング3〜5件というのは結構普通だった。
顧問の仕事はメインはミーティングだけれど、社員時代のミーティングはあくまで報連相の一部だから、どちらかというと瑣末な仕事であり、メインの仕事がさらにたっぷりあるわけで、そりゃぁ家に帰って家事や片付けなどやる気力なんて残っているわけがないし、家に帰ってからも仕事はあるし、起きたらまた家で仕事してみたいな生活だから、時間が空いていても、家の中はとっちらかっていて、そんなのがいつも目に入るから、そりゃぁもう何をするやる気も起きず、ダラダラネットサーフィン…って感じで、我ながらどうしようもないやつだな‥と思っていたが、

冷静に今考えると私の体力じゃ、そうなっても当たり前な気もする。
元夫が大半の家事をしてくれていたから、余計に家事や育児のための気力や時間を残す働き方を工夫せず、そのまま行っちゃってたんだろうな。
まぁ、典型的な昭和生まれのオジサンの働き方だわ。

まぁもうそういう生活に戻る気はないし、そもそも気力も体力ももっと落ちているから、戻る気あっても無理だろう。

でも、あのまま続けていたとしても、ある日急に仕事ばかりの人生を振り返って後悔したり、虚しくなったりしないタイプだと思う。
ま、これはこれで楽しいしな…と思って終わりだろうな。

本当に後悔とか反省とかっていうのが、少ないというか、できないタイプなんだと思う。

| コメント (0) | トラックバック (0)

夏のお昼寝

4時起床。
歩きと走りの組み合わせで公園1周(1.1km)、腕立て伏せ10回、スクワット10回を終えて、犬とお散歩。

朝食は、お土産でもらったイカ明太子、茗荷のぬか漬け、ザーサイ、白瓜の味噌汁、白ごはん。
本日は自宅仕事のため、溜まっているアイロンがけを片付ける。
友人たちと遊ぶ約束をいくつかメッセンジャーでやり取りして、仕事スタート。

午前中にかなり集中して仕事が片付いた。
乃木坂のジャコメッティ展に行こうかと考えたが、コーチングについてのマインドマップをカラーで描いていたら思いの外集中して時間が経ってしまったのと、仕事の電話が何本も続いたので、タイミングを外してしまった感じ。

夕方近くに食材の買い物に出かけて、結局この日は終了。

合間合間にそれなりに本も読めたし、お昼寝もできたし、まぁこれはこれで充実ってことで。
夏に窓を開け放して通り抜ける風を感じながらのお昼寝より、素晴らしいことってそんなにないんじゃないかなぁ…と思う。

晩御飯は、梅味噌豚しゃぶ、クリームチーズと水菜の柚子胡椒あえ、オクラの胡麻和え、茹でトウモロコシに、今一つな日本酒、口直しに芋焼酎。

先日から読み始めた「炭水化物が人類を滅ぼす 糖質制限からみた生命の科学」がかなりぶっ飛んでいて面白い。そういや、この本を知ったきっかけは、Twitter 経由で下記の記事を読んだからだった。

糖質制限でうつ病が治った話







| コメント (0) | トラックバック (0)

ゲリラ豪雨

4時起床。
走ろうと思ったら、足がだるい。
仕方なく、1.1kmほどウォーキング(やや早足で)+スクワット10回+腕立て伏せ10回。

三連休が炭水化物中心だったので、とりあえず今日は炭水化物を減らそうと決意。
朝ごはんは残っていた小松菜を茹でて、ポン酢でいただいてなんとなく終了。

毎日のタスクとミッションステートメントの項目が合致していないような気がして、本日はミッション・ステートメント8項目にそれぞれタスクを分散。
ミッション・ステートメントに書いてあるが、まったくタスクがない…つまり取り組んでいないものがやっぱりあって、これじゃぁタスクリストも意味ないね‥と気づく。

翻訳レビューの仕事を片付ける。
これでしばらく大物のレビューはないはず。今回は事前にレビューしておいてもらったものをさらにレビューなので、随分楽だが、事前レビューで、うまく訳が見つからずに残っているものが回ってきているので、1つ1つは結構頭をつかう。

お昼は、冷蔵庫に残っていたチョリソーのソーセージとチーズ入りのオムレツを焼く。
これで冷蔵庫が文字通り空っぽになる。

その後はたっぷり読書。
午前中にガーッと仕事をして、午後はのんびり読書と家事というのは理想の生活かも。

暑さにまだカラダが慣れていないのか、急に立ちくらみがしたり、激しく腹痛がしたりというのが何度かやってくる。
そして、気がつくとそれらはいなくなっている。
ややこしいなと思う。
歳を重ねる、老化ってこういうことがしょっちゅうやってくることなのかな。
そういえば、虫刺されの治りがとても遅い気がするのだが、これも年齢のせいだろうか…。

すごいゲリラ豪雨がやってきて、ネットで見ると雹(ひょう)が降ったエリアもあったようだ。
止んだところで、買い物に出かける。
まずは、使い捨てのコンタクトレンズを購入して、その後に食材の買い物。
調子が今一つのせいなのかぼーっとしてしまって、朝食用の干物を買い忘れ、紫蘇を二袋も買ってしまった。

Kindleを眺めていたら、河出文庫の本が随分と電子化されているのに気づく。
管 啓次郎の本などもあり、文字が小さくて読み進めるのに苦労している上に、何度も繰り返し読みたい本だから、電子版で買いたいのだがいかんせん手元に文庫あるしなぁ‥と悩む。










| コメント (0) | トラックバック (0)

暑い暑い暑い

焼津から帰宅。
秋葉原のホームであまりの暑さにクラクラする。
時間帯のせいかもしれないが、静岡は東京よりずっと涼しかった。

本日は犬の美容院。
待ち時間にお休みのノンノン(25歳、一人娘、某カフェチェーン店長)と一緒に亀戸散策。
梅屋敷でソフトクリーム食べて(⇐ノンノンがね…)、香取神社でお参りして、その後に亀戸天神をお参りして、それから山長で甘いものをいただく。

お隣のテーブルはかき氷を食べていた。
ちゃんとした氷で作るかき氷ややっぱりフワフワで溶けにくそう。氷次第なのよねぇ。
とは言え、私は冷たいお菓子を大量に食べるのが苦手なので、あっさりとところてんをいただく。

美容院の帰りは竪川河川敷公園を散歩しながら帰宅。
とにかく暑いことしか覚えていない感じの1日。

三連休はとにかく炭水化物が多かった感じで、身体が全体に重い。
晩御飯は、作り置きしてあったラタトゥイユだけ食べて、早々に眠る。

暑いのって楽しいんだけれど、それだけで身体は疲れるんだよなぁ。

| コメント (0) | トラックバック (0)

瑜伽洞からの伊東温泉競輪場

4時起床。
曇り空だけれど、風がなくて気温と湿度が高い。
走り出したが、なんだか脚が重たくてすぐに断念。
その代わりに公園で瞑想。
これはこれで気持がいい。
その後に犬とお散歩。

朝食を食べて、なんだか涼しいところに行きたい〜と思いたち、ネットで検索。
鍾乳洞も素敵だが、ちょっと遠いしなぁ…と色々と探していたら、大船からバスで行ける、定泉寺というところに密教の修行場所である人工洞窟:瑜伽洞(ゆがどう)というのがあるらしい‥というのを知り、そこへお出かけ。

蝋燭をともしながら、中を歩くのだが静かで涼しい上に、あちこちに仏様の像や曼荼羅やらが彫られていて、ちょっと不思議な空間だ。
恐らく狭い通路をぐるぐる回っていると思うのだが、それなりに歩き甲斐もあって、蝋燭の炎を消さないようにゆっくり歩いていると、なんとなくありがたい気持ちにもなってくる。
途中の水音がまた清涼感があっていい感じだ。

大船ってことは東海道線も通っているのよね…‥、と考えていたら、あれ、それって伊東温泉競輪に行きやすいのでは?
伊東温泉競輪では、GⅡのサマーナイトフェスティバルが開催されていて、かなり見ごたえのあるメンバーばかりなのだ。
調べてみると熱海からバスが出ていることがわかる。
しかも夜開催だから、時間もちょうどいい感じ。

生ゴミの始末はしてきたし、着替えは持っていないが、コンタクトレンズの替えはある、スマホの充電器はもってないけれど、そんなに使うタイプでもないし、何とかなるだろう…と、突然伊東温泉競輪に向かう。

大きなレースでは、ネットで観てはいるものの、目の前で観ない限り、基本的に車券を買わないので、かなり久々な感じ。
4レース買って、3レース当たって、でもトータルで負けているという、荒れたレースのない1日だった。

外で観るレースがやっぱり一番好き。
特に夏はね。
特観席は、クーラーが効いていて快適だけれど、やっぱり外でヤジを飛ばしながら生ビール呑んだりするほうがずっと楽しい。
疾走感も全然違うしね。

北関東ラインが、決勝に出られないというまさかの結果だったけれど、楽しかった〜。

| コメント (0) | トラックバック (0)

ASIA CURRY HOUSE@ダービー通り

4時半起床。
少しだけ走って、犬とお散歩。濃いピンクの百日紅の花が美しい。

午前中は自宅2時間ほど仕事をしたり、娘にまとわりついて嫌がられたり…。
隠れ家と自宅を往復するだけで、暑さに疲れてしまい、しばし仮眠。とにかく陽射しが強い。

お昼は、仕込んでおいたラタトゥイユと買っておいたラム肉を炒めて、ビール。

左ききのエレン…一気読み。
たまたまKindleのおすすめに出てきて、ポチッとしてしまったら、これが猛烈にハマった。
絵が無茶苦茶でこんなんで漫画として連載してもらえるの?すごいな?
…と思ったが、強烈にストーリーが面白いし、登場人物が魅力的。
むしろ、この絵だからこそ、強烈な感じを受けるのかも…

先日、バーのオーナーに、「錦糸町のダービー通りにすっごく美味しいカレー屋があって、店閉めた後についつい行っちゃうんです…」という話を聞いて、行ってみたのが、ASIA CURRY HOUSE 。
メニューは一種類のみで日替わりの様子。
店に入るなり、うわーアジア圏の屋台みたい‥という感じ。
店の中にアジアの屋台のもつ独特の匂いがあって、効かない冷房による湿度がこれまたアジアっぽい。

早速いただいてみると、これがもうとにかく美味しい。
久しく感じなかったアジア行きたい!と旅心まで立ち上ってきてしまう〜。


| コメント (0)

子供の時から好きなもの

4時半起床。
公園を1週走ってから、犬とお散歩。
このところ、雨が降らないので、走る→散歩という流れができてきていい感じだ。
朝のうちに、最重要事項を片付けるというのがメンタル面に非常にいい気がする。

朝ごはんは、小松菜・ベーコン・大豆の中華風スープ、ザーサイとハムの炒飯。

久しぶりにアポなし在宅ワークの日。数日前に飛び込んできた厄介な仕事をようやく片付け、簡単に家事をしたら、なんだか疲れてしまってしばし長風呂して逃避。

エアコンばかりだと身体がしんどいので、ベランダ側の窓をあけて、玄関の扉を少し開けて、風が通るようにする。
外は恐らくうんざりするような暑さだけれど、とても気持ちのいい風が通る。
蚊取り線香をつけると、幼少時代の鎌倉の夏休みを思い出す。

職場のエアコンが辛いという女性は本当に多いし、外回りから帰ってきてももちろんシャワーが浴びられるわけでもなく汗だくになるのが辛いという男性も多い。
みんなが好きな環境で働けたら、相当社会に蔓延しているイライラというのは減るのではないかと思うのだが、夏場だけでもスーツをやめることもできないのだから働き方改革って相当進捗遅いだろうなぁと思う。

図書館で借りていた「70歳の日記」と「愛するということ」がとても良かったので、これはもう購入ということで、Aamzonから届いた。
本を買わない1年は、仕事の本を買ってしまってから、やはりちょっとずつ自分に甘くなってしまい、ポチリポチリと買ってしまっている。
それでも以前のペースに比べると3分の1以下かな…と、言い訳をしている。

午後は翻訳のレビューを一本終えて、ちょっとスッキリ。
翻訳レビューの仕事は、全然好きではないのだが、10年以上前に外資系でこの手の仕事をに関わってしまってから、どうにもこの手の仕事が途切れる時期がない。
英語が得意でないのはもちろんだが、根気もないし、緻密でもないから適任だとは思えないのだが、どうも縁があるようだ。

冷蔵庫の野菜をじゃんじゃん切って、ラタトゥイユを作る。明日のワイン用に。

集中力も落ちてきたので、ハーブティーを飲みながら、村上春樹の「騎士団長殺し」を読む。先日、元夫が読み終わったからと言って、貸してくれたものだ。
一息に読んでしまうともったいないから、一日1章ずつ読もうとページをめくり始めて、ふとこんなの前にもあったな…と思い出す。

「1Q84」がハードカバーで出版されたとき、同じように小川町のオフィスでこんな風に窓を開けて、毎日1章ずつ読んだことを思い出した。あれも多分暑い時期だったと思う。
靖国通りの車の音を背景にゆっくりなめるように読んだ空気が、ふーっとものすごくリアルに漂ってきた。

先日、取引先との打ち合わせで「yoshikooさんは夏休みは海外ですか?」と別々の方から聞かれた。
はたから見たら夏は、海外でバカンスというタイプに見えるみたいだ。

夏が大好きだから、かえってどこにも行きたくない。
自分の空間でこんな風に好きなお茶をのみながら、静かに本を読んでいるのが一番楽しい。
読むのに疲れたら近所を散歩。
そこに夕方の涼しくなった風が吹くのとかが最高である。
子供の時から好きなものって変わらないんだなぁ…と思う。








| コメント (0) | トラックバック (0)

休肝日

4時半起床。
早朝から暑いのでランニングは飛ばして、犬とお散歩のみ。

朝食は、白米、鯵の干物、自家製なめたけ、ナスと紫蘇の梅紫蘇あえ、春菊のお味噌汁。

掃除・洗濯・入浴であっという間にお昼になり、バタバタと顧問先へ。
今日は荷物を少なくして日傘持参。
昨日に引き続き危険な暑さである。
プロジェクトのキックオフミーティングに参加して、引き上げ。
食材の買い物をして帰宅。

本日は休肝日メニューということでポトフ、モロヘイヤとトマトの冷製パスタ

作り置きに 春菊のナムル



| コメント (0)

炭水化物が人類を滅ぼす

4時起床。
早朝読書は、エーリッヒ・フロムの「愛するということ」。
再読のたびに、深く考えさせるものがあり、読書ってこういう本を読むことが大切なんだよなぁと思う静かな池に小石を投げ込んだときのように波紋が広がるような時間がないと、読書もただの時間つぶしだ。

公園を1週走ってから犬とお散歩。
最近、お散歩の最後に座って少し休憩をして、ゆっくり何度か深呼吸をしてから帰るというのが定番化している。

朝食は、白米、納豆、納豆・オクラ・ゴマ味噌汁、ツルムラサキのおひたし、こんにゃくピリ辛、パプリカぬか漬け。

本日は夜に顧問先の歓迎会があるため、お弁当箱を持って歩くのが面倒で、お弁当作りはお休み。

通勤電車の中で、図書館から借りてきた「炭水化物が人類を滅ぼす 糖質制限からみた生命の科学 」読んでいたら、糖質制限が猛烈にやりたくなってきた。
著者の文章もリズムがよくて面白いが、これ本当?という話もたくさん含まれていて、その乱暴な感じもまた面白く読み物としても楽しい本だ。

炭水化物抜きで痩せたいというよりも、炭水化物依存症から抜け出したくなってきた。
体重は、ここしばらく45kg〜47kgという範囲で動いているので、特に問題ないのだが、炭水化物を食べられないと時のイライラ、ものすごい空腹感、そして際限なく食べてしまうこと、さらに恐らく炭水化物から生じる眠気。
自分でも薄々自覚していたが、この本をよむとおそらく依存症レベルと言ってもいいのだと思う。
私の場合、タバコと酒のほうがずっと我慢できる。

まぁ、そんなこんなでお昼は、品川駅構内で炭水化物を買わずにサラダ中心に買い物したら、なんと1200円を越えてしまい、やっぱり炭水化物抜きって高くなるわ〜と実感。
本によれば、炭水化物を抜くのになれればそれほどお腹が空かなくなるので、1日2食になる人も多いと言うのだが…。

5本のミーティングに参加して、終わって歓迎会。
スタートが18時だったのと、参加者全員年齢が高めで疲れやすいため、早々に終了し21時前に帰宅。
このぐらいだと楽だわ〜。




| コメント (0)

近況報告会

5時起床
ワイン2〜3杯って適量なのかな。
スッキリと目覚めて、ちょっとだけ走って、犬とのんびりお散歩。
今日も暑くなりそうだなぁ。

朝は、梅干し・塩昆布・かいわれ大根・紫蘇のパスタに、パプリカのぬか漬け。
パプリカのぬか漬けは好きな人も多いようだが、私にはどうもイマイチだなぁ。

長風呂して、お洗濯して、ちょっと仕事する。

お昼から、娘と恒例の地元でだらだらとお茶をしながら、近況報告会。
大半が仕事の話なのだが、今回は珍しく恋愛話も。
その後は、LIVINでお買い物…ということで、行ってみたら、既に閉店準備に入っていて、在庫一掃セール。
あちこちの売り場がスカスカ。

無印良品も全て10%OFFになっていたので、とりあえずオーガニックコットンのTシャツを2枚と台布巾用のタオルを2枚購入。
ここの無印いつ行っても空いていて助かっていたのだが、これからはアルカキット錦糸町の無印に行くことになるのか…。
あっちは混んでるのよねぇ。

暑い暑いという言葉ばかりの1日。
自宅に戻って荷物をおろして、それから食材の買い物にお出かけ。

夜は、豚キムチと焼き網を出して色々焼きながら、缶ビールを空ける。
焼き物:そら豆、ピーマン、ナス、ラム肉。




| コメント (0)

朝顔市

5時起床
大して呑んだつもりもないのだが、二日酔い気味。
起きるの面倒くさいが、今日は暑くなりそうなので早めに犬と散歩せねば…と布団から抜け出す。

朝食は鯖のへしこと九条ネギのパスタ。
隠れ家のお掃除をして、ちょっと仮眠をとって、お仕事して…などとしていたら、あっという間にお昼。

お昼は、野菜のオーブン焼き(トマト、ズッキーニ、パプリカ、ハム、チーズ)、トマトと紫蘇のサラダ、人参のぬか漬け、ソーセージ、夜の呑みのためにお昼は我慢して、水出しアイスティーをお供に。

水出しアイスティーは、Janatのアールグレイのティーバックで作っている(というか、水に放り込んでいるんだけ)なのだが、とっても美味しくて、これを飲むと自販機の無糖のアイスティとか飲む気になれない。
微妙なカフェのアイスティーだったら間違いなくこちらのほうが美味しい。
そしてコストはとっても安いのだ。
これを飲むようになって、麦茶を作るのは止めてしまった。(さすがにコストは麦茶のほうが安い…)

お昼寝して、夕方から入谷の朝顔市へ。
朝顔市も入谷も初めて。
最終日だけはお昼スタートだったようで、18時過ぎに着いたら、朝顔はまったくなくて、そもそも買った朝顔を持っている人もほとんどいないという状態。
ということで、屋台の焼きそばとハイボールを楽しむだけとなってしまった。
来年は初日に行って、朝顔手に入れたいわ。

湿気を含んでいるとは言え、夕方の風が気持ち良いので浅草方面までテクテク歩き、歩き疲れたところで、バスに乗って亀戸へ。

最近、常連となりつつあるバーで皮付きのまま仕込んだという白ワインと、じゃがいものガレット、春菊のサラダ、枝付き干しぶどうなどをゆっくり楽しんでこの日は終了。

| コメント (0) | トラックバック (0)

Lean Strategy リーンスタートアップに戦略を融合させる 

5時起床。タスク20個からのスタート。
まずは犬とお散歩。
朝から日差しが強くて、ランニングその他は割愛。

朝ごはんは、白米、あおさ海苔と九条ねぎのお味噌汁、サンマの吟醸干し、人参のぬか漬け、前日の残りの豚肉ときゅうりの炒め物、ジャコとピーマンのきんぴら。

朝一番で読んだハーバード・ビジネス・レビューの論文「Lean Strategy リーンスタートアップに戦略を融合させる  ーー機敏で優れたイノベーションを生むために David Collis」に色々と考えさせられた。
ベンチャーの顧問をやっている上で、常に念頭に入れておかなくてはいけないのは、リソースが限られているのだから、「行なうことと行わないこと」を明確にしておくというのは非常に重要なのだが、ついつい目先の利益とらわれて、自社の従業員を小銭稼ぎや業者に発注するコストを削減するために使ってしまうことがある。
当然だけれど、これは往々にして新製品や新サービスのリリースに大きな影響を与える。
問題はリリース時期が先だとついつい人は余裕を持って考えてしまいがちだということ。

行なうことと行わないことというのは個人のキャリア戦略にも非常に重要。
個人なんてそれこそリソースが限られているからね。

ビジネス系の本を読んで、企業の実例を通じてモノを考えると、深く理解した上に考えやすくなるので、ビジネス書も侮れないんだよなぁと思う。
まぁ、薄っぺらいHowto本は駄目だけれど、戦略系の本はいろんな面で示唆を与えてくれるので、少し読む時間を増やしてもいいかもしれないなぁと思う。

午後から顧問先にて、業者と打ち合わせのため訪問。
朝のうちの移動なら日傘なしでも何とかなるが、午後になるともう無理。身の危険を感じるレベルのため、日傘持参。
お弁当を持参しているとちょっと日傘までは持ちきれない。

夕方に終わる予定だったが、ちょっと話し込んでしまい気がつけば20時になっていたので、その近辺にいたメンバーと、ちょっとだけ呑んで帰りますか?と誘って、品川で焼酎。
たまたま入った店が、「気がつけば騎手の女房」を書いた吉永みち子さんプロデュースのお店だった。
品川にしては珍しく、まともな肴とまともなお酒のラインナップで、小さくて落ち着くいいお店だった。

ちょっと…と思ったが、気がついたら千葉方面の最終電車で帰宅。
ま、たまにはいいでしょう。
飲み会はあまり好きじゃないけれど、突発呑みは好きなんだよなぁ…。



| コメント (0)

季節の変わり目

4時起床。
なんだか立ちくらみがひどい。
そういえば一昨日の朝もそうだったなぁ。
様子を見てもあまりよくなる気配がないので、とりあえずもう一度横になることにする。
しばらく眠って、起きたら5時。

ひょっとしたら、血糖値が低いのかな?と、冷蔵庫にあったプリンを食べる。
眠ったせいか、プリンのおかげかよくわからないけれど、ちょっとマシになった。

でもなんだか今度は火照りがある。
よくわからないけれど、何にしても不調ってことだろう。
季節の変わり目というのにもともと弱い。
はっきりとした症状が出るのは春だけだったが、最近、それぞれの四季ごとに身体が慣れるまで時間がかかるようになった気がする。

冬から春への変わり目と春先は仕事を緩めにと考えていたが、もう全体に詰め込みすぎない方法を模索したほうが良さそうだ。
どっちにしても遅かれ早かれ体力は急速に落ちていくわけだからね。

体調もそんなだし、朝一番から対面セッションがあることもあって、本日の犬の散歩は夕方に回すことにした。

朝食は、焼き魚、ワカメと玉ねぎのお味噌汁、玄米、もずく酢。

今日はコーチングのセッションがあちこちであって、途中途中何度か移動予定。
一件目のセッションが終わったら、次のセッションのクライアントさんから、仕事の関係でSkypeに振替できませんか?と連絡が。
今日はPCを持ち歩いていないので、Skype対応するにはもどらなくては……、ということで、いったん自宅に戻る。
犬の様子も見たいしね。
お昼はコンビニの油そばと伊右衛門。
納豆味のペヤングはいったいどこに売っているのだろう…(涙)。本日も発見できず

コーチング三昧の1日は終わって、犬とお散歩。
夕方のお散歩も気持がいい。
間一髪セーフで、雨が降り出す前に帰り着くことができたようだ。

晩御飯は、作りおきのんにゃくの甘辛煮、人参のラペサラダ、ピーマンとおじゃこのきんぴら、これに手羽先の漬け込んでおいたものを焼き、ズッキーニのぬか漬けさらにツルムラサキのおひたしを追加し、ビールといただく。

ズッキーニのぬか漬けはキュウリよりも美味しかった。何度も漬け込んでしまいそう。





| コメント (0) | トラックバック (0)

洋野菜の糠漬け

4時半起床。
今週はとにかく暑いらしい。
九州には台風もきているのだとか。

雨が降りそうな気配なので、まずは犬とお散歩。
本日は随分と調子がよいようで足取りも軽い。
お散歩→ブラッシング→歯磨き→朝食→目薬というのが最近の犬の日課。
目薬は気に入っているのか、ガツガツと朝ごはんを食べ終わると、「目薬して〜」と決まった座布団にやってくる。
そのわりに目薬を指し終わると、おもむろにその座布団で顔をこすっている(顔が濡れているのが嫌なのだと思う)。よくわからない。

これが終わると隠れ家に行って、私の朝食となる。
本日はほうれん草とベーコンのパスタ。
お掃除その他を終えて、さて、仕事すっかな‥と思ったら、忘れ物があることを発見し、慌てて走ってまた自宅へ。
今朝は暑くて運動を飛ばしてしまったので、まぁちょうどよかったかもね。

ブロッコリー(茎)の糠漬けがかなりいい感じに仕上がった。
これはつまり、糠そのものがかなりよくなってきたということ。手元にズッキーニが一本あったので、今度はこちらを入れてみる。
洋野菜の糠漬けって美味しいけれど、売っていないのよね。

随分前に道の駅で購入した蒟蒻の賞味期限がそろそろ…ということで、お弁当用お惣菜にこんにゃくの甘辛煮 を作る。
このレシピだとがっちり味が染み込んで美味しい。蒟蒻そのものもスーパーのものよりもなんだか美味しい気がする。

人参のラペサラダ、ピーマンとおじゃこのきんぴらを作って、とりあえずお弁当用の作りおき惣菜は完了。

晩御飯は、ビール、しいたけチーズ焼き、水菜と海苔のサラダ、ちりめんじゃこといんげんのいり煮、オクラ茹でびたし、ブロッコリーのぬか漬けと野菜ばかりで終了。




| コメント (0) | トラックバック (0)

都議会議員選挙

4時半起床。
雨が降っていないので、久しぶりにラジオ体操とちょっとだけ走って、プラスして腕立て伏せ。
終わって、犬とお散歩。

朝ごはんは、たらこスパゲティと野菜のコンソメスープ(ズッキーニ、ブロッコリー、人参)。

今年はたっぷり税金がきてしまい、つまり保険もすごい額になり‥、予定納税も多いということで勘弁してよ…と思いながら家計簿やら支払い予定をまとめる。

昼から娘と選挙に出かけ、その後、浅草でデートらしきもの(?〕だというので、その前に二人でランチにピザをいただきながら、娘の近況報告を聞く。
無茶苦茶忙しかったのがいったん終わって、入社以来、恐らく3回目になる3連休だそうだ。

その後は、以前の顧問先のミーティングに参加。久しぶりの英語のディスカッションにほとほと疲れる。
言っていることはそれなりにわかるが、自分の意見を英語でまとめるのに四苦八苦。
来期再度仕事を依頼したいと言われるが、うーん…、仕事の内容よりも英語に苦労しそうで悩む。海外出張も行きたくないしなぁ。

仕事の関係で「リーン・スタートアップ」を再読中。
読み終えてすぐに手放した本なので、図書館から借りてきた。
再読してもやっぱり読み難い。内容が悪いというよりも、レイアウトの問題のような気もする。
編集者がもうちょっと見せ方を変えてくれれば、もっと売れて注目を浴びた本だったような。

晩御飯は、缶ビール、自宅焼肉、大根と豚肉の煮物、水菜ともやしのサラダ。

夜中に目が覚めてしまい、しばしホットミルクに蜂蜜を入れたものを飲んで、メイ・サートンの「70歳の日記」を読む。

都議会議員選挙は、都民ファーストが圧勝のようだ。
小池支持というより、反阿部政権の人々の入れる先がようやく見つかって入れたという感じでなのでは?と思う。
民進党に戻すぐらいなら、自民のほうがマシ。
共産党にいくら票が流れても、政権取るまでは無理だろうし、取れても外交・経済でつまづきそう。
でも、安倍政権はどんどんおかしくなっている。
できれば自民の内部で割れてくれるのが一番だということなんでじゃないかな。

そんな慈悲あふれる人といっしょにいたのに、なぜ朝からこんなに疲れているのだろう?それは内なる精神生活が完全にストップしているから。ものを書き、考え、庭仕事に打ち込む、あのひとり居中毒患者は、今のところ姿を消している。なんとも寂しい。
 でも今日の午後、家の裏の雑草取りをすれば、また”彼女”に会えるだろう。そして、ほぼ雑草に埋め尽くされた多年草の花壇をきれいにしながら、感覚を研ぎ澄まし、精神の落ち着きを取り戻そう。

「70歳の日記」 P122より





| コメント (0) | トラックバック (0)

魂の退社

4時半起床。
雨降りのため、二度寝。

この日の記憶があまりないのだが、雨がやんだと思って犬と散歩に出たら、途中でじゃんじゃん雨が降ってきて、犬も私もびしょ濡れに。
犬は別に嫌がることはないんだけれどね。

自宅に戻ったら、母から犬をお風呂に入れたの?と聞かれるぐらい濡れていた。

先日、お財布を忘れてまったく用事が片付かなかった錦糸町へ再度。
法事の帰り用の新幹線の切符を購入。
マイルで帰ってくるほうがもちろん安いんだけれど、基本飛行機が苦手。
もっと嫌いなのは、疲れた状態で羽田空港から自宅に戻ること。
ただでさえ、気が重い法事なのだから、このぐらい贅沢しないとね。

トラベルクロックがようやく修理から上がってきたので、こちらも引き取り。
修理代だけで、1万6千円。
でも、人からいただいたものだし、デザインも気に入っているし、長年の海外出張のお供だったから、それで直って使えるなら惜しくない。

お野菜はいつも駅ビルで購入し、ついでにKALDIによって紅茶と蜂蜜を仕入れる。
このところ、麦茶を止めて水出しで紅茶を入れているので、ものすごいスピードで紅茶が減っていく。
麦茶に比較するとコストが高いのだけれど、段違いに美味しいので、まぁいいか…と。
段違いに美味しいからどんどん飲んでなくなっちゃう‥ということで、またコスト上昇。

その後は、新しくできたスーパーであれこれ購入。
きているお客さんが、安くてみんなテンション高いのが見ていて面白い。
とにかく肉とお酒の種類が多いのが嬉しい。
オープン記念のセールで、卵1ダース50円はさすがに怖くて買えなかった。

どこかで読んだが、田舎は物価が安いというが地元で取れるもの以外はかえって高いのだそうだ。
なぜなら、スーパーなどの数が少ないから、競争がないからということで、なるほど…と思った。
そういう意味では、錦糸町はかなり競争が激しくて、結構な激戦区かも。消費者から見るとありがたい。

お昼は昨日仕込んだ豚肩ロース角切り煮込み。
これは楽ちんで美味しくて定番メニューになりそうだ。
そちらにレタス・キュウリ・紫蘇のサラダ…と言っても、これらの野菜の上に、海苔を散らしごま油をかけて、そこにお醤油かけただけ。
シンプルだけれど、これが美味しいのだ。
これにスペインの赤ワインをいただく。

お腹いっぱいになって、夕方までお昼寝。お散歩を兼ねて図書館まで予約の本を引き取りに。

夜はお腹いっぱいなので、買ってきたお刺身と残り物のピクルスなどを食べながら、ビールを中心にまた呑みだす。

このところ、お酒弱くなったなぁ…と思っていたが、それよりも眠くてわけがわからなくなってしまうんだな‥ということがよくわかった。
今日みたいにがっちり昼寝してれば、まだかなり呑めるようだ。
しかし、そんなこともしょっちゅうしてられないので、やっぱり社交は減っていくな〜。

「魂の退社」読了。
派遣社員からキャリアをスタートしたことや、サラリーマン時代も転職が多く、会社依存度が低かった私が読んでも、これだけ考えさせられる本なのだから、新卒から一社に就業している人が読んだら、本当に考え込んでしまうのではないだろうか?

でも、まずは考えることからが全てのスタート。
見て見ぬふりで気がついたら、会社がなければならない存在になるほど、弱くなってしまうよりずっといいと思う。
もうこんなに弱くなってしまっていると思って落ち込んでも、そこから少しでも努力すれば、今の谷底からは少しづつでも上がれるわけで、今を最低値にすることができるはず、それでも、見ないふりを続ければ、最低値はもっと深くなってしまうのだ。


会社を辞めると宣言した時、周囲の反応は驚くほど同じであった。
 まず言われるセリフが「もったいない」。

 (中略)

 あえて一言で言えば、私はもう「おいしい」ことから逃げ出したくなったのだ。
 「おいしい」というのは、実は恐ろしいことでもある。例えばおいしい食べ物、寿司やステーキやケーキを毎日食べ続けていたらどうなるか。確実に健康を害して早死するであろう。しかし、いったんこういうおいしい食べ物にはまってしまうと、なかなかそこから抜け出せなくなる。
 なぜなら、大きい幸せは小さな幸せを見えなくするからだ。知らず知らずのうちに、大きい幸せじゃなければ幸せを感じられない身体になってしまう。
 仕事も同じである。高い給料、めぐまれた立場に慣れきってしまうと、そこから離れることがどんとん難しくなる。そればかりか「もっともっと」と要求し、さらに恐ろしいのは、その境遇が少しでも損なわれることに恐怖や怒りを覚え始める。その結果どうなるか。自由な精神はどんどん失われ、恐怖と不安に人生を支配されかねない。

( 「魂の退社」P12)



| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年6月 | トップページ | 2017年9月 »