« のんびりのんびり | トップページ | 障害と個性 »

ノンストップ・ライティング

4時起床。

お弁当は、チーズ入りの卵焼き、インゲンと豚肉のオイスターソースいため、ツルムラサキのおひたし、白米に塩ジャケをほぐしたものと茗荷を刻んで混ぜて上から白煎りゴマをパラパラと載せる。

朝食はそれらの残り物。

ノンストップ・ライティングでヒルビリーエレジーの読後の感想を書き出す。
テーマがある程度決まっているほうが、空っぽの状態から思いつきを次々書くよりもやっぱり抵抗があるようで、15分目いっぱい使って、1300文字程度しか書けなかった。

ブログに記事を上げることを前提にノンストップライティングをやったのは初めてだけれど、これはかなり面白い。
なんでブログの記事が書けないのかわかってきた。
ああ、こういうことを考えるからなかなか筆が進まない‥といよりも、進まないだろうと思ってしまって、そもそもPCに書き出すことができないのだな。
いきなり完成した記事を作ろうと思って書いているつもりはないのだが、心のどこかでそういう思いがあるのだろう。
書きながらこの言い回しは誤解されやすいな…とか、もうちょっと調べて書いたからほうがいいな‥とか考えると手が止まるようだ。
こういう自分の抵抗の正体がつかめるというメリットがノンストップライティングにはあるようだ。

今日の顧問先ではミーティングが2件。
今までで一番ミーティングの少ない日だと思う。
おかげで随分と仕事の整理がついたのと、調べ物が捗った。
少し落ち着いてきたので、もう少し先手を打つための戦略について考える時間や調べる時間が作れそうになってきたかもしれない。

とはいえ、一日外に出て人と過ごすとやっぱり疲れるのか、はたまた帰宅が19時過ぎというのに疲労感があるのか、晩ごはんはテキトーご飯で、味噌漬けにしておいた牛蒡とジャコを白米にのせてお茶漬けで終了。

図書館から借りてきた「死すべき定め――死にゆく人に何ができるか」を読み始めた。
まだ冒頭の部分だが、人にすべからく共通に与えられているのは、人は確実に死ぬということと、毎日死に向かって歩んでいるということなんだな…と改めて思う。









« のんびりのんびり | トップページ | 障害と個性 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6876/65922948

この記事へのトラックバック一覧です: ノンストップ・ライティング:

« のんびりのんびり | トップページ | 障害と個性 »