« ずっとやりたかったことを、やりなさい | トップページ | 再会 and 再開 »

女系家族

4時半起床。
朝食は玄米、焼魚(アカムツ)、白菜のお味噌汁、人参の糠漬け。

製作業者さんとの打ち合わせであれこれ有益な情報をいただく。ありがたい。

顧問先が出展中の池袋のコールセンター/CRM デモ&コンファレンス 2017 in 東京へ。
久しぶりにこのイベントを訪れ、この文化会館の会場は天井が低いため、圧迫感が強いことを思い出した。
そう混雑しているわけでもないが妙に疲れる会場なのだ。

あれこれブースをのぞき、色々質問して話を聴いてきて勉強になる。
各社それぞれ差別化の打ち出し方に苦労している印象を受ける、有望そうなベンチャーはカタログ制作やらパネル製作のクオリティが低くて随分損をしているが、だいたいITベンチャーのスタートアップにおける採用の優先は、まず技術者ついで管理部門、それから営業が一通り揃って、マーケティングの採用ということになるのでそれまで見よう見まねでやっているケースがほとんどだ。
でも、本当は早くからマーケティングの担当者を入れておけば、スケールアップは早いんだけどな…と思う。

コールセンターにおけるやり取りの録音したものを解析するための技術も進んできたようだけれど、話を聴いているとそのための録音用の機材やソフトを用意しておく必要があるようだ。
すでに録音済みのものをテキストマイニングして、分析する技術というのは、やればできないことは無いようだが精度が悪くてコストに見合わないというのが現時点の様子。
来年あたりはもう少し技術が進むのかもしれないけれど、どうなんだろう。

その後は恵比寿の喫茶店でチームメンバーと打ち合わせをして、またもや制作会社さんと打ち合わせ。
終わって、メンバーと恵比寿の初代で蕎麦と酒。

何年かぶりにきてみた。
早めに入ったため、すんなり席に通されたが、出るときの19時過ぎには長蛇の列。
なんでも白いカレーうどんが雑誌やテレビで取り上げられてすごい人気になったようだ。
相変わらずコストパフォーマンスが良い蕎麦も酒の肴も美味しいお店だった。

20時ぐらいに帰宅して、「女系家族」を一気読み。
初めて読んだ山崎豊子氏の作品。
遺産相続にまつわる女たちの闘いの話だが、とにかく金、金、金、1円でも多く取りたいというのがすごくて読んでいてものすごく疲れる。
とはいえ、話としては面白くてぐいぐい引き込まれもする。
妾にむりやり産婦人科医の診察を受けさせる下りが怖くて心底ゾッとするが、ここまできて下巻を読まないというのもできそうになく、そのまま下巻へ。
そして下巻もあっという間に一気読み。
最後には胸がすく展開が待っていてよかったとは思うものの、登場人物全ての人が長年の積もりに積もった怨念がすごくて、やっぱり読後感のいい小説ではない。
でもその一方でものすごい筆力で読者を圧倒的に引き付けるものがあって、山崎豊子さんってすごい大柄な作家だったんだなぁと思う。






« ずっとやりたかったことを、やりなさい | トップページ | 再会 and 再開 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ずっとやりたかったことを、やりなさい | トップページ | 再会 and 再開 »