« マーケティング顧問という仕事 | トップページ | ずっとやりたかったことを、やりなさい »

作家の仕事

4時起床。

もはや絶版となっており、Amazonで中古で入手するにも6000円近くなっている「作家の仕事部屋」の本はとても興味深い。
様々な作家の執筆スタイルをインタヴュー形式で紹介している本だ。
絶版のため、図書館から借りて、ちびちびと読んでいる。

ふとどうして私は作家の仕事についての本がこんなに好きなのだろう?と考えた。
私はもっぱら読むの専門で、自分で小説を書きたいと思ったことは幸いなのか残念なのか一度もない。
でも、作家の仕事の仕方を集めたこの手の本が大好きなのだ。

読み進めていて少しずつわかってきたが、作家というのは完全なフリーランスだ。
全く束縛のない状況で、自分が動かなければまったく仕事にならない。しかも、その内容は自分の頭からひねり出すしかない。
かなり孤独できつい仕事だと思う。 その孤独さとキツさが多分私の興味を引くのだと思う。

朝食は、梅干し+塩昆布+かいわれ大根のパスタと、チンゲン菜とハムの中華風スープ。

昨日より少し気温が低い、青空と紅葉を楽しみながら犬とお散歩。
そろそろ寒いかも…と犬に洋服を着せる。
老犬になってすっかり細くなり、毛も薄くなってきたのがカバーされて、元気そうに見えるのがうれしい。

午前中はひたすらプレゼン資料作成。
お昼は、冷蔵庫の残りおかずを片付け+納豆ご飯。

午後はゆっくりお風呂で読書してから、細かな仕事を片付けて、食材の買い出し。
家事も仕事も、やらなくてはならないこともやるべきこともとにかく山のようにある。

コーチングのブログに短い記事をアップ。
minutes 19 

晩御飯は突然思い立ってすき焼き。
甘めにした割り下で食べるすき焼きは、思いの外懐かしい感じで、鎌倉の祖母が作ってくれたすき焼きの味によく似ていた。






#猿江恩賜公園 #2017秋 #tokyo #お散歩 #ご近所

Yoshiko Ohtakiさん(@ohyoshiko)がシェアした投稿 -




« マーケティング顧問という仕事 | トップページ | ずっとやりたかったことを、やりなさい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« マーケティング顧問という仕事 | トップページ | ずっとやりたかったことを、やりなさい »