« 脳みそに汗をかく仕事 | トップページ | コツコツ家事 »

わたしのグランパ

朝食は、しめじのアーリオ・オーリオのパスタ。
かなり唐辛子がきいていたが、これはこれで美味しい。

お天気も良く、犬とのお散歩が楽しい。
途中で会ったゴールデン・レトリーバーの男の子をたっぷり撫でさせてもらう。
ふさふさで撫で甲斐がある。
うーん、幸せ。

その後は家に引きこもって100冊フォトリードの続き。
積ん読になっている本もリスト化して、フォトリードを進めていくと、なるほどこういうところでそれぞれの本はつながっていて、こういう部分に惹かれて購入したわけだな‥というのがよく分かってくる。

フォトリーディングのステップは全部で5つ。
今回の目標は、100冊全てステップ4まで行こうと思っていたが、ステップ2の段階でこれは現時点では読まなくていいな‥と思う本も多く、その手のものはステップ2で止めることにした。
それでも結構な時間がかかる。

娘は今月は暦通りにお休みがあるらしく(入社以来初めてでは?)、私がフォトリードをしている向かいで、朝刊のクロスワードパズルと数独を解いたりしている。
せっかくの三連休そんなんでいいのか?と思うが、楽しそうだからまぁいいんだろう。

お天気がいいので、お昼ごはんは公園で自宅で作ったお惣菜3品と缶チューハイ。
デザートは母が買ってきてくれた小川軒のレーズンウィッチ。
外で食べるといつもの食事も倍美味しくなる。

そしてちょっとお昼寝をして、またフォトリードの続き。
18時過ぎまでそんなことして終了。

晩御飯は、蓮根の肉詰め、もやしとじゃこの炒めもの、りんごのチューハイ、この2品でお腹いっぱいになってしまって終了。

寝しなにAmazonでポチッと、久しぶりの筒井康隆氏の小説「わたしのグランパ」。
ムショ帰りのじーさんと中学生の平均的な孫娘を中心にした小説。
このじーさんがまた格好いいのだ。

それにしても、筒井氏の引き出しの豊富さはすごい。
いろんな人の小説を国内海外問わず読んできたけれど、「この人天才では?」と思う人ってほとんど浮かばない。
でも、作品的にブラックユーモアの味付けのすごいものも多いから、「奇才」と呼ばれたりするんだろうなぁ





« 脳みそに汗をかく仕事 | トップページ | コツコツ家事 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: わたしのグランパ:

« 脳みそに汗をかく仕事 | トップページ | コツコツ家事 »