« 飲み会vsマンガ | トップページ | 地に足の着いた暮らし »

決めたことをやるかどうか

6時起床。
朝食は、ハムトースト、はちみつバタートースト、ブロッコリー・大豆・ハムのコンソメスープ、ベーコンエッグ。
うっすらとした頭痛が頭の奥の方に巣食っている感じ。
空も曇っているし、爽やかなスタートという感じにはいかなかった。

朝一番に友人からPCがおかしい!と電話がきて、その後すぐに直ったという連絡があり、そこからしばし電話で近況報告
相変わらずパワフルである。
その後は、刺激されたのか、ガリガリと自宅で資料作りやらややこしいメールと電話の対応でかなり集中して、あれこれ一段落。

大量の洗濯物を終わらせて、Skypeで顧問先と打ち合わせ
お昼は、お土産でいただいた北海道のインスタントラーメンを…美味しかったー。

曇り空の中、犬とお散歩。
色づいた葉っぱが少しずつ、落ち葉になり、少しずつ冬っぽくなっていくのを感じる。

午後も顧問先との打ち合わせでSkype。
ここの顧問先は、ミーティングスペースがほとんどないので、Face to Faceの打ち合わせよりSkypeで短時間しょっちゅうやり取りするのが多いが、決めたタスクは必ずやってくるので、すごく成果が出るのが早い。
こう考えるとFace to Faceじゃないと…という問題ではなく、決めたことをやるかどうかだけで成果は違うな‥というのがよくわかる。
見てないとサボる…なんて発想だとこの先もう無理だろう。

Kindleで読んでいた「幸せとお金の経済学」を読了。
「地位財=他人との比較優位によって価値の生まれるもの(社会的地位、家、車など)」と、「非地位財=他人が何をもっているかどうかと関係なくそれ自体に価値のあり喜びを得ることができるもの(休暇、愛情、健康、自由など)」についての話が続き、どうして人は地位財を求めるか?といったあたりは面白い。

後半は政府は税制をどうすべきか?という公共政策の話しになっていくため、「で、結局私が幸福になるにはどうすればいいの?」という明確な解決策があるわけではないので、人によっては期待はずれの本ではないかという気もする。

個人的には読み物としては面白かったし、累進消費税の話はなるほどね‥と思わされた。

夜は顧問先のメンバーと玉椿で一足早い忘年会。
久しぶりにうかがったが、相変わらず美味しいし、季節ごとのメニューが秀逸でいつ行っても食べてみたいメニューがあるお店だ。





« 飲み会vsマンガ | トップページ | 地に足の着いた暮らし »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 決めたことをやるかどうか:

« 飲み会vsマンガ | トップページ | 地に足の着いた暮らし »