« 「かなわない」 | トップページ | 決めたことをやるかどうか »

飲み会vsマンガ

4時起床。
6時近くから少しずつ空が明るくなってくる季節。
少しずつ明るくなる時間に瞑想をしたら、集中と満足感がすごくてびっくりした。
確かに瞑想の本はどれも早朝を薦めている理由がわかる。

朝食は冷凍しておいた玄米と冷蔵庫の野沢菜で炒飯にする。

MoneyForwardをチェックしたら、Kindleの請求明細ががーっと入っていて、ちょっとびっくり。
先日まとめてダウンロードした「逃げるは恥だが役に立つ」の分のようだ。
書籍や他の買い物と違ってまとまって請求されないので、やたらに多く見えたがそれぞれ4000円ぐらいだった。

ちょっと安めの飲み会ぐらいだな…と思ったが、ふと思ったが4000円払うタイプの飲み会でマンガをまとめて読むより、楽しい会なんてほとんど思い出せない。
友人と行くときは、4000円で終わるというのはほとんどないし、仕事関係だとご馳走したりされたり‥というのが多い。
付き合いで出なくてはならない、忘年会とかプロジェクトの打ち上げみたいな大人数のものが大体この値段ぐらいだ。
飲み会も行けば楽しむようにはしているが、どちらかというと温かい布団に入ってKindleでマンガ読んでいる本がいい。
何度も読めるし…などと考えている自分に気づき、ますます社交生活を楽しめなくなっているなぁ…と改めて思う。

午前中は顧問先との電話会議、Skypeコーチング、資料作りなどで集中して取り組めたので、満足。
犬とのんびりお散歩、以前にも増してコンクリートの上よりも芝生や土の上を歩きたがる。
コンクリートが寒いのか、それとも地面のほうがやわらかいのがいいのだろうか…。
小刻みに足を動かして、枯れ葉をカサカサいわせているのを眺めるのはとても温かい気分になる。
気温は低いけれど、空は青空で気持ちがいい。

少しお昼寝して、起きて紫蘇・梅・塩昆布のパスタ。
食後にハーブティをのんでいたら、加湿器到着。
どうにも喉が乾燥しがちなので、自宅寝室だけでなく仕事場にも導入。
ものを増やすのはいやだだけれど、調子をくずすのはもっと嫌だからしょうがないね。

温かいミルクティーを飲みながら、メイ・サートンの「70歳の日記」の続きをゆっくりと読む。
自然に囲まれた暮らし、静けさと仕事を愛する彼女の日記はいつも私のスピードや焦りを落としてくれる。

今日はいつもよりさらに読んでいて気持ちがよかった。
どうやらそれは時おり眺める加湿器の蒸気と加湿器の水の音のせいのようだ。
規則正しく白い蒸気が吐き出されるのを眺めていると外は寒いけれど、部屋の中はとても温かいように思えるのがいい(もちろん蒸気は部屋を暖めるわけではないけれど)
ちょっと暖炉の火を眺めるのに似ているかもしれない。
都内のワンルームマンションではこの程度の贅沢が分相応かな。

100冊フォトリーディングの1冊目として、「限界費用ゼロ社会 〈モノのインターネット〉と共有型経済の台頭」を読みはじめる。
勝手にシェアリングエコノミーばかりの本だと思いこんでいたら、前半はかなりIoTの話が多くて、そういう本だったのか‥と認識を改める。
「モノのインターネット」という言葉が含まれているな、そう言えば…と改めて気づく。

一応、IT業界に片足突っ込んでいるので、IoTがなんぞやというのは大まかに知ってはいるが、どういうことが課題なのかとか、この先どういうことが見込まれているか‥ということが語れるまでは至っていないので、INPUTとしてちょうどいい機会になりそうだ。
STEP5のいわゆる速読的部分は、かなり集中力を使うので20分ぐらいで休憩するのがいいようだ。

晩御飯は、塩豚+ねぎ塩だれ
白菜と豚バラ肉のにんにく味噌鍋 、
青梗菜と人参のポン酢あえ、
塩豆腐











« 「かなわない」 | トップページ | 決めたことをやるかどうか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「かなわない」 | トップページ | 決めたことをやるかどうか »