« 森へ行きましょう | トップページ | プロゲーマーというお仕事 »

メンタルの不調を整える

4時半起床。
昨日から、うっすら気づいていたがメンタル面が不調である。
今朝起きたら、こりゃまずいという状態だった。
ため息がとまらない。
具体的には、なんかこう情緒が安定しない、やたら気持ちが疲れる、イライラするというあたりだ。
心当たりは、仕事でもプライベートでも大いにあって、まぁしょうがないか‥と思うのだが、これを引きずると、あちこちで問題が発生してそれらを収拾するのにまた労力を使うので、早々になんとかしたい。

掃除でスッキリすることもあるのだが、どうも今回はこれだけでは済まないようなので、次は運動かな。
このところ、運動はサボっている。
もともと、ダイエットとか丈夫になるとかいう側面より、メンタルを安定させるための運動という部分が多いので、メンタルが安定していると、寒いしどうにもサボりがちだ。

朝食は、昨日のキノコ鍋のスープに、ハム、トマト、チーズ、卵を加えてリゾットに。

今日は病院→美容院→コーチング→コーチングで忙しいので、早々に犬とお散歩。
さすがにこの時期早い時間の散歩はつらい。

帰ってきて少し時間があったので、ちょっとだけとベッドに潜り込んだら、なんだか疲れがわーっと出てきて、とても起き上がれずということで、病院も美容院も急遽キャンセルしてのんびり過ごすことにした。
どうやら心身ともに疲れているみたいだ。

お昼はいつだか、道の駅で買ってきたよもぎのお餅、玄米のお餅をそれぞれ焼いて海苔をまいて。
とっても美味しいお餅だった。

晩御飯は、いつもの喫茶店でドライカレー。
大好きな喫茶店で気持ちを緩めながら、今の状況をまとめるマインドマップをフランクリンプランナーに書きつけて、ちょっと落ち着く。

たっぷり寝たのと、その横に犬がいたのがリフレッシュになったようだ

年齢のせいなのだと思うが、疲れが抜けにくくなってきた気がする。
もともと疲れやすい体質なので、同世代に比べるとスケジュールはゆったり組んでいるほうだと思っているが、それでもどうも足りないようだ。
書き出してみると、睡眠時間や規則正しい生活はもちろん必要なのだが、それ以外にある程度難易度の高い本を読む気力と時間があることと、緑に触れる時間が少ないとどうも栄養不足のようにメンタルがみるみる落ちてしまうようだ。

先日、図書館で借りてきた「自由という牢獄――責任・公共性・資本主義」を読みはじめる。
決してとっつきのいい本ではないけれど、自分の頭が必死に理解しようと歯車のようなものがガチガチと回っている音がしてきて、とても気持ちがいい。
大学を卒業してこの手の決してわかりやすいとは言えない本を読むことが減った。
私の場合、ある程度枠があるか、もしくは習慣的に読む癖をつけないとこういったものは遠ざかっていくのだろう。







« 森へ行きましょう | トップページ | プロゲーマーというお仕事 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 森へ行きましょう | トップページ | プロゲーマーというお仕事 »