« 冬山装備 | トップページ | アウトドアヴィレッジ@昭島 »

2018年年始

24時にバチッと目が覚めて、その後も眠ろうとしたけれど、うまく眠れないので、1時半に渋々起床して、ホットミルク飲みながらPC作業。
2018年最初のこの日記。

大晦日以降、日記をつけていないのでざっくり年末年始をまとめておく。

大晦日は雲取山に登り、雲取山荘で年越しを。
奥多摩の駅からタクシーで登山口まで行き、時間を稼ごうという案は、駅に着くなり無理だとわかり、結局鴨沢までバスで出ることに。
途中は、粉雪がまったり、巻道が通れないので、山頂まで険しい道を通って登り、そこから初めてのアイゼンで山荘までと私にとっては、かなりハードな山修行だった。

カウントダウンの闇鍋は、どうやらおでんだった様子。
夜中まで起きている気力などとてもないので、カウントダウンの歓声が聞こえつつもそのままうとうと眠る。
2017メートルの高さを誇る雲取山だからなのか、2017年大晦日も山荘は混んでいて、お部屋はかなり混んでいる。
文字通り、山ガールもいて、本当にオシャレもセンスがいいし、若いというだけでとにかく可愛い。
だんだんオジサン化してきた気がするが、娘と年齢が近いせいか、どうも最近20代ぐらい女の子が可愛く思えて仕方ない。

翌朝は栃の実を入れたお餅つきがあって、つきたてのお餅をいただいてから出発。途中に晴れ渡る空の中、富士山を眺めて帰宅。
やっぱり距離は長くて、ヘロヘロ何とかお風呂だけ入って爆睡する。

初詣は、亀戸の香取神社にて。
おみくじは中吉。お正月の東京はほぼ毎年のことだけれど、晴天に恵まれて気持ちがいい。
行きつけのバーで、ワイン飲んで熱燗飲んで、そこで相席になった方がこれまた亀戸で焼き鳥屋さんを営んでいるということなので、今度はそちらにお邪魔することを約束してお店を後にする。
ネットで調べてみたら、かなり評判のいいお店のようでこちらも楽しみ。

残りの日は、お正月らしく富山の蒲鉾や数の子などをいただいて、自宅で日本酒を楽しんだり、年初ということで立川競輪に行ったりというのんびりした時間だった。
去年は結構あれこれ細かい用事があって、あまり競輪もできなかったので今年はちゃんと競輪場に足を運びたいものである。
初勝負はトータルで8レースやって、2レースあたって、微妙に負けて終了したが、久しぶりの競輪場はやっぱりとても楽しかった。

まぁ、そんなこんなで今日から平日モード。

洗濯物を干して外の寒さにびっくりする。今日の東京の最高気温の予測は、6度だそうだ。

通院のため、通勤時間帯のJRに乗るがまだお休みの人が多いのかあまり混んでいない。採血を終えて、いつもなら神保町の街をふらふらするのだが、眠くてふらふらで話にならないので、病院内の待合スペースで座りながら1時間ほど眠る。
お昼は外に出ようかと思ったが、メールを確認すると何本か仕事の電話をする必要があるので、院内のローソンでお昼を食べてサクッと終了。

広告で売上が伸びるタイプの商材ではないと再三説明しているのだが、通じないようなので、コストを掛けて広告が効かないというのをわかってもらうことにする。
というか、最後は広告に頼もうと思っていて、ろくすぽ仕込んでないのがそもそも問題なのだけどね。
マーケティングも営業もきちんと先を見越して仕込んでおけば、商材が悪くない限り、きちんと成果が出るものなんだけどなぁ…。
そしてそれが結局のところノウハウとなるし、そのうえ余分なプロモーションコストも削減できるのだ。

診察を終えても、会計の混み方がすごいので結局そう早く出られず、東京堂書店に少しだけ立ち寄り、疲れたのでTAKANOでシナモンティーをいただいて、地元の図書館へ予約した本の引き取りと本の返却をして帰宅。

暮れに購入した ModernistLook EX – シリーズ USB充電ポート付き防水リュック を使い始めたが、すこぶる使いやすくてびっくりする。

それまでは、PORTERのカバン  を仕事では使用していた。
こちらも3WAYで手持ち、肩掛け、リュックと持ち方を変えることができるのだが、お弁当箱を入れると、モノを詰める順序を変える必要があるのと、マチが小さくお弁当を入れるにはとても不向き。
そのためお弁当箱は別に、お弁当用のバッグで持っていっていたので、これが傘の必要な時には両手がふさがり恐ろしく不便。

このバッグは、基本的には、手持ち、もしくは肩掛けを想定したバッグになっている。
リュックとして背負える仕組みにはなっているが、それはあくまでオマケ。
リュックにして担ぐと、全体に背負いにくい。
(これは山に行くようになって、背負いやすさ・にくさというのは身体の疲れにものすごく影響を与えるというのを痛感するようになったから余計に気になるのかも)

その点今回購入したModernistLookは、手持ちもできるが、基本リュック仕様で肩も背中もすごくラクだし、もちろんモノを詰めるのもやりやすい。
今日は図書館に行く予定があったので、ハードカバー3冊+文庫2冊+システム手帖を持ってうろうろしても全く疲れなかった。

晩御飯は、厚揚げとター菜の煮浸し、豚キムチ、菜の花のおひたし。
移動中に読み始めた「幸せな選択、不幸な選択――行動科学で最高の人生をデザインする」の幸せの定義が、「快楽」だけでなく「やりがい」が含まれていることに妙に納得し、周囲の幸せそうな人を思い浮かべながら、なるほどねぇ‥などと考えていた。

寝しなに「だし生活、はじめました。」を読んで、合羽橋に行きたくなってきた。
読みたい本も行きたい場所もやりたいこともいっぱいあって、楽しいような苦しいような‥だな。今年も。











« 冬山装備 | トップページ | アウトドアヴィレッジ@昭島 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 冬山装備 | トップページ | アウトドアヴィレッジ@昭島 »