« 独り居中毒患者 | トップページ | 文章読本 »

水を飲め!

5時半起床。
朝食は昨日のお鍋の残りのスープを使って、卵雑炊。
魚介のお出汁が濃くて随分と贅沢な味になった。

お昼は冷蔵庫に残っていた自家製タプナードソースでパスタ。
このところ、体重増加気味で米はしょうがないにしても、グルテンはなるべく避けたいのだが、賞味期限がそろそろ切れそうなので、仕方ない。

昨日のうちにまとめて食材を買ってきたので、他にもいくつか外出しなくては行けない用事があるにはあるが、優先順位も高くないので、全ての外出すべき案件は後回しにして家でのんびりすることにした。

メイ・サートンの本が終わったので、朝の読書は途中になっていた「死すべき定め――死にゆく人に何ができるか」を再度読み始める。
文章は平易だが、すごく考えさせられる本なので、なるべくスピードを落として読むようにする。

暮れにいただいたリンゴがまだ残っていたので、蒸しりんご を初めて作ってみた。
ほの甘くて美味しい。
温かいリンゴってホッとする。

先日の血液検査でも脱水気味だと主治医に指摘されたが、私は水を飲む量が多分少なすぎるのだと思う。
多分、1日1リットルも飲まないだろう。
父親が脳内出血で倒れた時に、お医者様から自宅で食後にお茶を飲む習慣がないのでは?と指摘されたが、図星だった。
そういう人は普段から水分を取らないケースが多く、血管が詰まるタイプの病気になりやすいということだった。

父はこの時の発作で右半身付随になり、随分と不自由な思いをしたのを長いこと見てきたので、この手の病気はできれば避けたいと水やお茶を飲むように心がけてはいるが、それでもしょっちゅう忘れてしまう。
特に寒いこの時期は、ますます飲まない。

先日、Twitter経由で知った記事に、水分不足による体調不良の話があり、読んでみて、ふと自分の尿がこのところ色が濃いことを思い出した。
透明なのがいいという人もいれば、そこまでだと糖尿病だという意見もあって、よくわからないがとにかく色が濃いのは問題外で、なるべく色は薄いほうがいいらしい。

そんなわけで、意識して白湯をしょっちゅう飲んでいたら、色も薄くなってきたし、何より喉の乾きに敏感になってきた気がする。
体調が特に悪いという認識がそもそもなかったので、体調を改善したかは定かではないが、白湯をTHERMOSに入れて、手元でいつでも飲む習慣をつけていこうと思う。

晩御飯は、ポトフ、カリカリベーコンとベリーリーフのサラダ、ミニトマトとチーズのパン粉焼き ガーリックライス







« 独り居中毒患者 | トップページ | 文章読本 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 独り居中毒患者 | トップページ | 文章読本 »