« 日記といふもの | トップページ | リーダーとストーリー »

入学ガイダンス

ひどい二日酔い。
昨晩はピッチが早かったから。

 プライベートでも、社交活動の飲み会でも2次会まで参加するとどうも後悔することが多い。ここ2年ぐらい。
呑み過ぎてしまって‥ということではなくて、単純に一次会に比較して愉しさが薄れるのだ。
もう二次会参加は止めよう。

   大学の新入生ガイダンスに参加。
詳細は、京都造形芸術大学日記 に記載。

 私の所属する情報デザイン学科の理念は以下の通り、

▼大量の情報が蓄積され、浮遊したまま
▼適切な時に適切な人に効率的に
▼情報を整理し、表現することが重要
▼情報デザイン

 この理念の話を聞いて、ああ、自分のやりたいことは確かにこれだな‥と妙に納得。

   通信制大学も2回目なので、ある程度仕組みは理解しているが、以前の中央大学とはずいぶんと異なる点も多くて、参加して本当によかった。
多分、自分でガイドブックを通じて理解しようと思ったら、3倍以上の時間がかかるだろう。
3年次編入というのは、かなりスケジュールが忙しいというのも理解。
最短の2年で卒業しようと思ったら、来年の春にはもう卒業制作に取り掛かるぐらいでないとアウトだ。

   入学試験もなくて入りやすい通信制大学は、セルフコントロールがかなり効く人ではないと、卒業は難しいから、卒業率はどこの大学もものすごく低い。
入試に耐えられなかったという理由の人が入ってくるのは結構大変だと個人的には思う。
ここで挫折すると自己肯定感も下がるだろうし‥・。

 帰り道はすっかり晴れていて、美しい。
信濃町のキャンパスは周辺に緑が多くて、都心部だけど人が少なくてお気に入り。
黄緑の葉に、藤の花の薄紫の取り合わせは、亡くなった鎌倉の祖母を思い出させた。

 図書館で借りてきた垣谷美雨さんの2冊の小説をあっという間に読了。
どちらもテンポがあって、読みやすい。
先日、寝込んでいたときに知ったこの作家さんの小説にちょっとハマっている。
おかげで今月の電子書籍代は結構な額だ。

 移動中に「生活の発見 場所と時代をめぐる驚くべき歴史の旅」を読み始める。
2月の末に東京堂書店で購入して積ん読になっていた本。
確かに書物を通じて「旅」しているような感覚におちいる本のようだ。


 






« 日記といふもの | トップページ | リーダーとストーリー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 入学ガイダンス:

« 日記といふもの | トップページ | リーダーとストーリー »