« リアル | トップページ | Reluxと社交活動 »

失業保険のはなし

どうやら晴れていて、自宅のベランダに洗濯物が干してあるのを眺めるとこのブログが書きたくなるようだ。
どういう接続回路なのだろうか…

忙しいのか、忙しくないのか自分でもよくわからない日が続いている。
この後も続きそうな気がする。
大学・家事・仕事のバランスを取ることは、それなりにできるようになってきた気がする。

ひとつひとつのことをきちんと終わらせることが結局早いのだな‥と最近つくづく思う。
どれも時間を使うことを惜しまずとことん付き合うのがいいようだ。

新卒からカフェチェーンの会社で働いていた一人娘は、目標額の貯金もできたとの理由で今年の1月末に会社を辞めて、次は自分で飲食店をやるということで、自宅で事業計画を立てたり、メニューを作ったり、料理の練習をしたりとしていた。
しかし、さすがにこれ以上先は実際に物件を探す、もしくはもう少し資金を増やすために働くということをしないと、進めようがないというところまできたようだ。

なんと言っても、(娘曰く)鬼のような母親は、相変わらず家賃を取るし、それなりの給料をもらっていたので住民税も国民健康保険も高い。
ほとんど趣味やら交際やらの浪費のない娘でも、生きているだけでお金がかかることに気づき、このままではせっかく貯めておいた開業資金が減ってしまうのではないかと不安になってきたようだ。
実際に事業計画を立ててみると、あっちにもこっちにも、かなりお金がかかるというのもリアルにわかってきたのだと思う。

失業保険をもらうより、働いてそれ以上の額を稼いだほうがいいという結論になったそうで、来月からは以前の職場にバイトとして日中働き、夜は自分の目指すような下町の飲食店でバイトすることに決めたようだ。

私はずいぶんと仕事も職場もを変えてきたのだが、失業保険をもらったことがない。
ハローワークにも足を運んだことがない。
転職先はどこも猛烈に忙しいので、明日にでも来てほしいというのばかりだったので、有給消化すら全部できたことはなかった気がする。

ただ私の周りでは失業保険をきちんともらう人が多かったので、あと1ヶ月我慢すればもらえるのにもらわないという人には会ったことがなく、娘の話にちょっとびっくりした。
正社員で決まった仕事が決まった場合は、失業保険が打ち切りとなるため、お祝い金のようなものがあるらしいが、娘の場合はバイトなので、そういったものもないらしく文字通りゼロのようだ。

なんだか娘の話を聞いて、この子ひょっとして私に似ているのかもしれない‥と、初めて思った。
みんなに「そんなの損だよ。もらっておきなよ」と思われるものを面倒だとすっ飛ばしてしまうのだ。
「養育費ぐらいもらいなさいよ」‥と、私も後からずいぶんと言われたものだ。
そんな風にうるさく言われるだろうと思ったから、離婚するまで誰にも言わなかったな‥そういえば。

なんだか雨の少ない梅雨のような気がする。
今週は気温は高いけれど、風が強い日が多くてそれほど暑さを感じることがない。
それにしても6月に東京で30度超えはないんじゃないかなぁ



« リアル | トップページ | Reluxと社交活動 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« リアル | トップページ | Reluxと社交活動 »