« 調理家電とバロメーター | トップページ | 読書会 »

本のジャケ買い

久しぶりに晴れそうだ。
‥と思ったら、花粉がひどくていきなり薬のお世話になる。
晴れると気分がずいぶんと安定するし、気分が安定すると体調もだいぶ楽になる。

結局、9月は体調が低迷したまま終わることになりそうだ。
朝食は珍しくコーヒーとトースト。
普段に自分でコーヒーを淹れて飲むことのない私にとって、このコーヒーは、生まれて初めて、自分で買った初コーヒーでもある。(ものすごく大げさな感じだ…)
緊張性頭痛のときはコーヒーでだいぶ楽になることがわかったので、友人にどんなコーヒーだと、私でも面倒でなく飲むことができるのかを、相談してドリップタイプのコーヒーを常備することにした。

トーストには先日買ってきたキルギスの白いはちみつをぬってみた。
普段常備している国産のはちみつとはずいぶんと印象がちがう。
どっちも好きだけね。

久しぶりに自分の振り返りのためのマインドマップを描いてみる。
1時間以上かかってしまったけれど、なるほどねぇ‥と思う部分がたくさんでてきて、貴重な機会になった。
体調が悪いこともあって、公私ともにもやもやしていることが色々とあったが、なんとなく対処法も見えてきた。

「騎士団長殺し」を読み返していて、画家である主人公のような段取りとか計画がほとんどいらないような生活っていいかも‥と思う。
やることが少なければそういうのはできなくない気がする。もしくは大部分をルーティンに落とし込んでイベントごとが少なければいいのかもしれない。

「おかしな本棚」を読んでいると、本の装丁について考えることが増える。(装丁家の描いた本だからね)
本のジャケ買いというのをしなくなったな‥と思う。
必要な本、好きな作家でハズレが少ないだろうという本ばかり買っている。
正しいお金の使い方なんだろうが、びっくりするような出会いもなくなった気がする。
インターネットが普及する前は、誰かのレビューに押されて買うとか、レビューを見てから買うなんていうことはなかったから、もっと驚く出会いが多かった気がする。

お天気がいいので待ち合わせの時間まで公園で、文庫本を読む。
金木犀の甘い香りがいたるところから。
外で本を読むときは、一度読んだ本がいい。
筋がわかっているから、安心して文章を味わうことができる。
初読のドキドキより、再読の安心感が好きだ。

夜は、大阪に転勤する友人の送別会で、初めての鷺沼へ。
距離は近くないけれど、電車一本だから本が読めて悪くない。

みんなで美味しくお寿司をいただいて、お酒を飲んで楽しく終了。

この後は、夜の約束が一切スケジュールにない。(仕事は別にして)
体調が回復しないと、どこかでドタキャンを発生させそうな気がするので、しばらく夜の約束はしないようにする。







« 調理家電とバロメーター | トップページ | 読書会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 調理家電とバロメーター | トップページ | 読書会 »