« 私を傷つけることができる人 | トップページ | 秋晴れ »

森の生活

4時起床。

久しぶりにお弁当を作る。
塩水ピクルスが常備菜として便利なのは以前にも書いたが、もう一つ便利なのが「ひたし豆」。
いろんな豆で試しているが、今使っているのは、築地の場外で購入したいろんな色の豆がミックスされたもので、これが見た目にもきれいでお弁当には助かる。
8時間ぐらい水でふやかして、自分の好きなかたさに茹でて、後は白出汁に漬けるだけ。
酒のつまみにも便利だし、何よりカラダに良さそうな気がする。

終日顧問先にて会議。
一部のミーティングが前倒しになったので、久しぶりに18時前にオフィスを出る。
帰りがけに、この週末から、くるみ(ミニチュア・シュナウザーの女の仔)がやってくるので、そのエサ用のお皿や水入れ、お散歩の際に持っていくバッグなど、セリアでまとめ買い。

錦糸町駅ビルに3Coinsもできたので、こちらものぞいたけれど、こちらのペット用品は、ペットにつけるメガネとかリボンとか、インスタ映えのためのグッズみたいなものばかりだった。

先日行ってきたフフ山梨の読書室に、「森の生活」の新訳版があり(小学館)、これがとても読みやすかった。
私自身は、ずっと祖父が残した岩波文庫の上下2冊のものを読んできたが、新訳のほうが、ずっと生き生きとした語り口なのだ。

小学館版ほしいなぁと思って帰ってきたら、どうやらKindle版があるらしいことがわかり、Kindle版のサンプルを読んでみた。
ハードカバーは、かなり大きくて重たいのだが、その分字も挿絵も大きくて読みやすい。
この本は、結構何度も読み返すタイプの本だから、そう考えるとKindleのほうがいいなぁと思える。
悩ましいなぁ‥と幸せな悩みが頭の中から離れない。

ウォールデン 森の生活








« 私を傷つけることができる人 | トップページ | 秋晴れ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 森の生活:

« 私を傷つけることができる人 | トップページ | 秋晴れ »