« 愛の宗教 | トップページ | 野心の到達点 »

卓上酒燗器 かんすけ

5時起床。
このところの運動不足で体重多め。

本日は一日大学の課題制作にあてようと思ってスケジュールを空けていたのだが、契約書のチェックやらプロモーションに関する制作物のチェックやら急ぎの仕事が多くて、午前中はそちらに忙殺されてしまった。

MacBook Airの調子が本格的に悪くなってきたので、12インチのMacBookを注文。
アカデミックプライスで2万円弱安くなった。
付属品をAmazonで頼んだりなんだりで、こちらで1時間ぐらい取られてしまう。
30万円以下なので、中小企業特例で一括償却できるのがありがたい。
デスクトップの方もそろそろまずい感じなので、こちらも年内の売上次第で年内購入で一括償却するかどうか検討しないと。

20日ぶりぐらいに瞑想をする。
一度止めるとなぜだか抵抗が強くなる。
やってみるととても気持ちよくて、なんでやめちゃっていたのかしら?などと思う。

途中、まとめて購入した犬関連のグッズが届き、これまた整理やらダンボールの解体やらゴミの処理やらでまた1時間ぐらい取られる。

朝から調子が良かったのだけれど、急に全身がだるくなってきたので、布団をひいて横になる。
目が覚めたら今度はめまいがひどくなっていて、なんだかなぁ‥となる。
起きてからは、ささいなタスクを少しずつ片付けられる程度だ。
洗濯物をたたんだり、塩豆腐を仕込んだり‥など。

そんなこんなで大学の課題は1つも手をつけなかった。
まぁ、朝のうちに重要な仕事は全部終わっておいたし、関係各所への連絡も終わったので良しと思うことにしよう。

調子がいつ悪くなるのかさっぱり読めないので、とにかく調子のいいうちにあれこれ片付けるという習慣が自然についてきた。
仕事も家事もやろうと思えば、いくらでもあるのだから、「明日できることは明日やれ」と説く仕事術の本も山ほどあり、私も同意するが、今のような状況になってくるとそうも言ってられず、前倒しであれこれするようにしておかないと安心して具合の悪いときに休めない羽目になる。

仕事と家事は前倒し作戦で今のところ、事なきを得ているが、難しいのが人と会うプライベートの約束。
ここにプライベートの約束も多くなってくるとどうしても予備日が減るのと、さらにプライベートのドタキャンのほうが人間関係的には影響が大きい。
仕事ならメールのやり取りと電話でなんとか片付けられることもあるし、家事なら放っておけばいいことだけれど、プライベートはそういうわけにいかない。

まぁ、この体調に慣れるまでできるだけ約束しないという以外思いつく手が今のところない。

自宅に酒燗器が届いて、開封の儀ということで日本酒晩ごはん。
この買物は当たりだった。
卓上なので、食事をしながら美味しい熱燗がいただける。
そして冷めにくいのもいい。
ゆるゆる熱燗すすりながらの寒い時期の晩飯って素晴らしい。
問題は洗い物をする気力が全部奪われる点かな。

酔っ払うとついついKindleでポチッとしたくなるのがKindleの困った点。
この日は、お薦めにでてきた小説「サイレント・ブレス 看取りのカルテ」をポチッと。
初めての作家さんだけれど、女医を主人公に在宅医療を舞台にした連作となっていて面白い。
ま、面白かったからいいやと思うことにした。

酒は人を寛大にさせるのよね、その場では。


卓上酒燗器 ミニかんすけ・匠 (新タイプ) 135×135×H155mm

サイレント・ブレス 看取りのカルテ (幻冬舎文庫)


« 愛の宗教 | トップページ | 野心の到達点 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 卓上酒燗器 かんすけ:

« 愛の宗教 | トップページ | 野心の到達点 »