« 秋晴れ | トップページ | 浅草ウォーキング »

ご近所ウォーキング

5時起床。
ガシガシと急ぎの仕事を片付け、デザイン論のレポートを書いていたら、8時すぎ頃から急に頭痛とめまい。
仕方がないので、布団をひいて横になるが、どうも眠いわけでもないみたい。
かといって起き上がるとクラクラするし‥と、布団の中でダラダラする。

2時間ほどそんなことをしていたら、なんとなく多少良くなった気がしてきたので、起きてお昼を簡単に食べる。
締切のタイトな仕事やタスクもないので、カラダを動かすほうが優先か?と外に出ることにする。

図書館に立ち寄ってから、自分の通っていた小学校のほうに抜けて、砂島橋のあたりから近年できた遊歩道 小名木川の塩の道へ出る。
つい最近この道の存在を知ったのだが、ここは自転車が通らないのでのんびり歩くのにちょうどいい。
練習中のレガッタが時折横をすり抜けていく。

この道どこまで続いているのかしら?
とテクテク歩いていたら、あらこれ、私が若い頃、派遣で仕事をしていた医療用ベッドのP社の先の旧中川まで続いている。
私が仕事をしていた1995年前後はここまできれいに整備されていなかった気がするが、当時は自宅から自転車で通っていたので、川までくることがなかったせいかよく覚えていない。

川を越えると、江戸川区で対岸沿いもきれいに整備された公園のようだった。
さすがにそこまで範囲を延ばすと、亀戸で食材の買い物をして帰るという案が難しくなりそうなので、ここで川沿いに折れて、北方面に向かう。
おや、この高速道路下の公園はおそらく竪川河川敷公園だろうと歩いていたら、そのとおりだった。
私のオフィスのうらからすぐに入れるので、ちょくちょく歩いているがここまで伸びているとは知らなかった。
発見の多い一日。

ここから五の橋まで歩いて買い物してと思っていたら、ふと見るとすぐ脇に大島中の橋商店街の入り口が見える。
存在は知っていたが実際に中を通ってみたことはなかった。
亀戸に出るには大幅に遠回りなんだけどなぁ‥と思いつつ、商店街の活気にふらふらと呼ばれるように行ってしまった。

私はインスタント食品もファーストフードも大好きで、健康に悪かろうがガシガシ食べちゃう人なのだが、どうにも市販のお惣菜というのが苦手で買えない。
他人の手作りがイヤ‥という人でもなく、単純になんだかお惣菜というものにまつわる寂しい感じが苦手なのだ。
手作りっぽいが手作りじゃないものを自宅で食べる‥というのが悲しいのかも。(←意味わからん)

しかし、そんな私が唯一好きなのが、骨付き鶏もも肉の焼いたもの。よくクリスマスに出回るアレ。
とにかく子供の頃から好き。普段はそう照り焼き味が好きなわけでもないのだけれど、これだけは大好き。
で、ごちゃごちゃ書いたけれど、買ってしまった。夕飯決定だ。
今日はひとりだし、まぁこれでOKだ。

お野菜類も安いし、何よりお店の人たちの活気がよくて、ついついお野菜も買ってしまった。(空芯菜、いんげん、きゅうり)
うーん、またお散歩ついでにきてしまいそう。楽しかった。

この時点で1万歩に行ったので、大島駅近辺に出てバスに乗って、亀戸佐野味噌へ。
いつもの白味噌、赤味噌に、常備品のこんにゃくとしらたき、この日は玄米とよよぎの切り餅も購入。
さんざん迷って塩らっきょうはパス。
ここの塩らっきょう美味しいのだが、あっという間に食べちゃうのでコスパが悪すぎる、贅沢品なのだ。
自宅のぬか漬けで我慢。

たくさん歩いたら、だいぶ気分も改善。
運動不足は、更年期障害の症状を悪化させるのねぇ。
運動の優先順位あげてかないと‥。



« 秋晴れ | トップページ | 浅草ウォーキング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 秋晴れ | トップページ | 浅草ウォーキング »