« 飽き | トップページ | 更年期障害その後… »

ちょっと仕事の話

5時起床。

訪問先の議事録を朝一で3本仕上げて送る。
仕事が取れようが取れまいが、訪問の機会をいただけるというのは有り難いことだと思っている。
だから、訪問の際には、必ず先方に何かメリットになるアイデアや情報などを出せるようにと思っているし、終わった後にヒアリングのまとめを送ることにしている。
その後しばらくご縁がなくても、ヒアリングの際に先方が気にしていた分野の情報などがあれば、気づけば送るようにしている。

気長にご縁があれば、仕事になるぐらいに思っている。

一方で、予算の時期や決定時期が「今」ではないな‥と思うところは、特に深追いしない。
そんな先方が興味のない時期に売り込みの手間を掛けるんだったら、新規に一本でもあたったほうがいいと思う。

顧問先のWebサイトのオープンが3つも重なり、レビュー作業に追われる。
バラバラの顧問先で、当初はオープン時期もバラバラだったのだが、1つはスケジュールが遅れ、1つはスケジュールが早まり、気がついたら重なってしまっていた。
よくやってくれる業者と、もらえる金額と責任範囲以外はまったくやらない業者と対象的だ。

そんなこんなをしながら、晩ごはん用にふろふき大根を煮て、肉味噌も合間に作る。

夕方はくるみ(もうすぐ7ヶ月、ミニチュア・シュナウザー 雌)と散歩。
ちゃむ(2018年2月没 享年15歳 ヨーキー・雄)は、一緒に走ってもリードを引っ張ってすぐにあちこちに行ってしまい、まったくランニングにならなかったが、くるみはまっすぐ一緒に走れるようだ。
これならひょっとすると、公園一周(1.1km)ぐらい一緒に走れるかも。
しかも、この仔はかなり運動量が必要なので、走るぐらいでちょうどよさそうだ

くるみが来てから、とにかく忙しくなって、その犠牲になっているのは、なんといっても大学の勉強。
レポートも課題制作も恐ろしいほど滞っている。

週末のスクーリングでは、マナーに関する新聞広告を作るというものらしい。
事前課題の素材集めでいろんなマナーのポスターなどを眺めるが、しょっちゅう見ているようで、案外そういうのをやっているのは、鉄道会社と日本たばこが多いのね‥という気がする。
確かに見る場所って電車の中だ。

ピクトグラムのものも面白いが、ポスターじゃなくて新聞広告だから、そのあたりをどう考えるかも重要そう。


ある世捨て人の物語: 誰にも知られず森で27年間暮らした男

三浦綾子 電子全集 道ありき 青春編


« 飽き | トップページ | 更年期障害その後… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ちょっと仕事の話:

« 飽き | トップページ | 更年期障害その後… »