« ブログの滞り | トップページ | 本来の自分 (12月第4週) »

12月第三週のまとめ

先日も書いたけれど、フランクリン・プランナーとまたもやじっくり付き合い毎日長めに振り返りの時間をとると、こちらに書くことがあまりないような気がして、更新が滞っている。

自分の過去の記事を読んで、ああ、そういえばそうだったな‥そんなことあったな‥と思い出すのは割と好きなので、何にもないのも寂しい。
ということで、週次レビューの際に合わせて一週間のまとめを少しこちらに記録しておこうと思う。
これについては、愛読している「天職の舞台裏」というブログの影響も大きい。
以前からこういう振り返りにブログってすごく良いツールだよなぁ‥と感じていた。

さて、では早速今週のまとめを。
仕事に関しては、とても嬉しい話ととても残念な話があり、乱高下のある週だった。

先週・今週と慶應丸の内シティキャンパスにて、講演会を聴きに出かけた。
若宮正子さんの講演会ではそのエネルギーと魅力的なお人柄に元気をもらい、國分 功一郎さんの講演会では、頭を使ってものを考えるということについて、考えさせられ、やっぱりどこかのタイミングでじっくりと哲学については、勉強したいな‥と改めて思った次第。
この講演会のテーマになっている中道態については、早速本も購入。

若宮正子さんの講演会の感想は、こちらにまとめた。
所感「人生に「もう遅い」はない~世界で最も有名な83歳のプログラマー~」

大学については、先週で年内のスクーリングが終わり、粛々と決まった時間を取って、課題を進めているがWebの課題がかなり重くてスケジュール通りに全く進んでいないというのが現状。
Udemyなどを使ってCSSなども学びつつ、並行で課題を進めている。
スクーリングで同じような作業をしているとさほど疲れないのだが、一人で学んでいると詰まったときに本当に疲れてしまう。
独学の厳しさってそういうところよね…などとブチブチ言いながら、ポチポチとタグを書いている‥という感じ。

コーチングに関しては、対面以外の無料セッションを止めて、さらに以前からリクエストの多かった単発のコーチング受付を開始した。
なんでそうしたか…という話は、リンク先に書いてあるのでご興味がある方はそちらをお読みください。
今週来週が年内最後というクライアントさんが多いので、ちょっとスケジュールがタイトな感じ。

コーチングに関しては、ほぼ1日サイトがダウンしてしまい、結構な時間を取られました。
これを機会に専門業者に定期的な保守サポートをお願いし、SSL化も一気に進めようか検討中。
自分でももうちょっと勉強すべきかな?と思うものの、そこに時間を掛けるべきではなく、自分はもっと自分の専門分野のことをやるべきか?と思案中。

プライベートについては、友人の転職祝いも兼ねて美味しい和食をいただき、逢えない間に話せなかった話題を話しまくり、楽しい時間を過ごせました。
やっぱり人と逢うなら二人で逢うのが濃い話もたくさんできて、満足度高いわ〜と思うのです。

体調管理の面では、週平均で1日1万歩となるよう目指していますが、これがなかなか難しい。
ということで、毎日最低20回スクワットというのを気休め?に入れてみましたが、まぁこれはOK。
歩数を増やすのはこの日は絶対無理というようなスケジュールの日は、ラジオ体操をするというのをしていますが、まぁこれもOK.
結局振り返ってみると、習慣平均は7600歩(iPhoneで計測のため、自宅内とかオフィス内とか携帯を持って歩かない分はカウントされていない)。

犬との散歩が1回平均3000歩なので、これが入るとだいぶ変わってくる。
犬の散歩は朝晩同居人の仕事にしている。
これでちょうど家事負担が釣り合う感じでそのへんのイライラはなくなってきている‥が、在宅勤務のときは午後早めに散歩に出かけることにして、ちょっと調整してみようと思う。

瞑想、運動、振り返りを伴うスケジューリング、英語のちょっとだけ勉強はルーティンとしてだいぶ定着化してきていい感じ。

読書は、「なぜ私だけが苦しむのか―現代のヨブ記」「エンジェル投資家 リスクを大胆に取り巨額のリターンを得る人は何を見抜くのか」「ザ・ファシリテーター2」を読了。
いずれも、読み応えのあるいい本だった。

どうやらブクログは以前使用していたMediaMarkerと違って、登録した本の引用文は外に公開できないらしい。
私が書いた本の感想より、引用文を読んでいただいた本が自分に合う本を探したりすることができるだろうと思うので、これはかなり残念。

かなり色々と減らしているつもりだが、やっぱり時間が足りない印象。
仕事はある程度難易度を読めるのだが、問題は大学でこちらがさっぱりわからない。
その上、私のレベルが低いのでたいしたことないようでも他人の倍ぐらい時間がかかるのだ。
それともう一つは、犬が留守番に耐えられる時間が多分5〜7時間ぐらいで、目標として5時間以上放置しない…というのがあり、同居人と調整してあれこれしている。これがまた忙しい原因の一つだ。

工夫できそうなのは、夕食後の時間かなぁ。
ここにあまり頭を使わないタイプのタスクを一部移すのはどうだろうか?
というのを来週は試して見る予定。

中動態の世界 意志と責任の考古学 (シリーズ ケアをひらく)

なぜ私だけが苦しむのか―現代のヨブ記 (岩波現代文庫)


エンジェル投資家 リスクを大胆に取り巨額のリターンを得る人は何を見抜くのか


ザ・ファシリテーター2


« ブログの滞り | トップページ | 本来の自分 (12月第4週) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ブログの滞り | トップページ | 本来の自分 (12月第4週) »