« 更新先変更のお知らせ | トップページ | 居るのはつらいよ: ケアとセラピーについての覚書 »

愛ある生活。豊かな生活。静かな生活。

このブログのタイトルのサブタイトルのような形であげている「愛ある生活。豊かな生活。静かな生活。」

自分の人生で目標とかこれだけはやり遂げたいというようなことが、これまでの人生でまったくない私だけれど、こういう状態がいいなぁというのが、この「愛ある生活。豊かな生活。静かな生活。」。

「『豊かな生活』ってどんなことを指しているのですか?」と、時々聞かれます。
確かに、「豊か」って人によってイメージ違うかも。

私が思っているのは、以下のようなこと

・これは今の私が読むには、ちょっと難し目だなぁ‥と思う本を読むエネルギーと時間があること

・いろんなものをじっくりゆっくり味わえる余裕があること

・上滑りなお付き合いだけの会話じゃなくて、一つ一つの言葉に考え込んだり、何かを感じたりするような会話があること

・簡素な衣食住を続けられるような暮らし
(簡素な暮らしって、手入れがきちんとできることが実は大前提。忙しいとお金あっても、このあたりとっ散らかしで無理。私の場合)

人によっては、「ええ、それ全然、豊かな感じしない〜」と思う人がいても全然不思議じゃない。

今年は確定申告も早々に済み、諸事情あって仕事も減らす方向に持っていっており、花粉症がきついことを除けば、わりと目指す状態に今なっているはずなんだけれど…。

私自身がなんか落ち着かない。
瞑想したりとか、好きな本を読んだり、ぼーっとお茶をしたりしていると、「あれ?こんなことしていていいんだっけ?」という声が自分の中からやってきて、気がつくと本のページだけが進んでいたりする。

どうやら、自分の好ましい状態(「愛ある生活。豊かな生活。静かな生活。」)を実現するために、バタバタ忙しい生活をしているうちに、バタバタしている落ち着きのないのが癖、もしくは習性になってしまい、どうやら好ましい状態を好ましく感じられなくなってしまったみたい。
本末転倒というかなんというか…。

ということは、好ましい状態を存分に味わうには、最初から好ましい状態で生活していないとダメってことかも。
え?
でも、それができないからバタバタあれこれしているはずなのに?

‥というようなことを考えてみたのだが、今すぐ好ましい状態を味わって、何が問題なのか?と改めて考えると、子育ては卒業しているし、仕事は自由業だし、何も問題がない‥。
多分、一番の問題は私が終始バタバタしていることに慣れすぎて、気がつくとバタバタする状況に自分を追い込んでいるんだということがわかった。

こういうのも自分の敵は自分って言うのかな…。



« 更新先変更のお知らせ | トップページ | 居るのはつらいよ: ケアとセラピーについての覚書 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 更新先変更のお知らせ | トップページ | 居るのはつらいよ: ケアとセラピーについての覚書 »