« 紙の新聞とネットのニュース | トップページ | コタツLOVE »

粕床スタート

5時半起床。
昨夜のワインが少し残っているかな?

朝食はポチがお休みなので、トマトソースときのこのパスタを作ってくれた。
きのこは安いときに、買っておいて、エリンギ、しめじ、まいたけ、なんかを食べやすい大きさに切って、ジップロックに入れてまとめて冷凍している。
これ結構便利。

白ごはん.comのレシピを参考に粕床を作り、鮭を漬けてみた。
粕床は娘に分けてもらった諏訪泉さんのもの。
どんな仕上がりになるのか、楽しみだ。

朝9時過ぎに家を出て、町田まで。
まるで仕事のような時間帯に電車に乗るが、目的はベンチャー時代の同僚たちとの新年会(?)。
11時スタートなのだ‥。

今日は夜もお酒の予定があるので、行きがけにヘパリーゼを飲み、町田ではスタートのビールの次はひたすら黒糖焼酎のお湯割りをこの時間から日本酒呑んだら、夜まで持たない。
昔話から近況報告まで楽しい時間だった。

Img_4153

今日は大学の卒業制作の発表会があって、間に合いそうだったのでそちらに参加しようと思ったら、小田急線で爆睡してしまい、あ、これはかなり酔っ払っているなぁ…と、この状態で大学行ったら顰蹙だわ、寝ちゃうわ‥ということで、神保町で降りて、来週会う予定の赤ちゃんのために絵本を買いに神保町へ。

まだ1歳にもなっていないので、読むのは先になりそうな本ばかり。
今のタイミングで読む本だと、すでに持っているかも‥と思って。

「どうながのプレッツェル」は、娘も大好きだった絵本。
この人の絵は私も大好き。
「ひとまねこざる」のシリーズは、ほとんど当時揃えてあった。



「もぐらとじどうしゃ」は、私はあまり得意な本ではなくて、読まされるととにかく長い。
でも、なんだか好きみたいんでしょっちゅう読まされた。
男の子には自動車ものがいいんじゃないかな?と思って、これは買いに行く前から入れようと思っていた本。



「いたずらきかんしゃちゅうちゅう」はこれまた名作。
私自身は祖母の家でよく読んだけれど、これは娘に読ませ忘れた本。
こちらも電車だから男の子にいいかなと思って。
知らなかったが、村岡花子さんの翻訳だったのか、そりゃいい本に決まってるわ。



自分用にもついつい文庫を2冊ほど購入。
小説はKindleで読むことがほとんどだけれど、娘にもいいかも‥と思ったので。

まだ次の会まで時間があるので、神田伯剌西爾(神田ぶらじる)でコーヒー+ケーキ。
神保町の楽しみは、買った本を老舗の喫茶店でゆっくり読むこと。
今村夏子さんの本を読むのは初めて。



言葉の使い方がとても易しいけれど、ハッとするところが要所要所に。
巻末の小川洋子さんとの対談もすごくいい。
今年21冊目の読了となった。

本を読む人のための長居前提の喫茶店というのは、この街ならでは。
スマホを弄る人よりも本を読む人が多い喫茶店は、なんだか落ち着いた雰囲気でいいなと思う。

テクテクと神田まで歩く。
土曜日の夕方に神田警察の通りを歩く人なんてほとんどいないのね。

本日の二回目の呑みは、娘夫婦の勤めるお店で。
お相手は、大学の同級生。
大学の話から始まり、仕事の話、家族の話とたくさんお喋りして燗酒を呑みまくる。
本日は向井酒造シリーズから、竹鶴シリーズへ。
純米酒好き女子ってなかなかいないので、同好の士を発見してかなり嬉しい。
卒業制作は一升瓶のラベルもいいねぇ‥と言いながら、写真を撮りまくっていた。

Img_4156

お店を出たのは23時過ぎ。
いつも早寝なので、こんな時間まで呑んだのはかなり久しぶり。
やればできるのね。

« 紙の新聞とネットのニュース | トップページ | コタツLOVE »