« Zoom三昧 | トップページ | 雪のホワイトデー »

20代で隠居: 週休5日の快適生活

450分起床。

 

今日はいいお天気で且つ温かい一日になるようだ。

花粉症がひどいときは、これはこれで憂鬱だったが、昨年スタートした舌下免疫療法のおかげで今年は花粉症の症状が軽いのが有り難い。

午前中マスクをしていれば後はOK、もしくは薬を前の晩に飲んでおけばマスクもいらない。

マスクが不足するなんて少しも想像していなかったが、こうなってみると本当に治療を始めておいてよかったとしみじみ思う。

 

朝食は、玄米に塩昆布、ぬか漬けにしたブロッコリー、卵を入れて油の替わりにマヨネーズで炒めたもの。

マヨネーズと塩昆布はたしかに相性がいいみたいだ。

冷凍しておいたベジブロスを解凍して、白菜の芯を薄く切ったものと蕪を入れてコンソメスープに。

どちらも大量に作ってしまったので、お昼も同じものを食べることになる。

 

産経新聞を読んでいたら、新型コロナウイルスの影響で、冷凍食品や子供向けの本(ドリルを含む)、それからネットスーパーの売上が伸びているという記事が出ていた。

インバウンドを顧客にしていた観光業などは大打撃だけれど、何かが起これば必ず沈む企業があり、そして浮かぶ企業もあるということだろう。

後から、インバウンドビジネス頼みではリスクが大きい‥などと言うのは、簡単だがインバウンド消費が強い間に、関連企業が何もしなければそれはそれで無能な経営者だの、動きが遅いだの‥という話になるわけで、眺めている側はいつも気楽なものだ。

 

先週までは、対面セッションの多かったコーチングだけれど、今週はZoomが多い。

Zoomの機能がよくわからず、Zoomの練習もしたいという方が思いの外多かった。ホストの機能を渡したりして、主催者側だと何がどうなるか?を説明したりして、ちょっとコーチングから外れてしまったりしている。

 

経費入力を終えて、止まったままになっていた確定申告。

本日は家事按分の見直しや、社会保険関係の入力を終えて、これで8割完成。

昨年売却したマンションの申告方法を調べて、今年は初めての eTaxも挑戦するので、そのあたりの調べ物がまだ残っている。

 

経費をあれこれ見直すと、マンション売却前にかかっていた水道光熱費、管理費、通信費などが目に付き、本当に売却してよかったとしみじみ思う。

先日、最後の固定資産税を払ったときも同じことを感じた。

持っているものの多い生活にしみじみと向いていないと思う。

 

犬のトリミングサロンに電話をしたら、空いているというので一緒に出掛ける。スッキリして帰ってきたが、このスタイルが維持できるのは、多分1週間ぐらいだろう。

帰りにいつもの公園で、犬仲間の人達にお会いし、みなさんから「かわいい」と言われて、満足気だ。

どうも犬というのは、「かわいい」という言葉は自分向けの褒め言葉と知っているんじゃないかと思うことがある。

 

図書館から借りてきた「20代で隠居: 週休5日の快適生活」を読了(今年の63冊目)。

 

 

東京の多摩地域で28,000円の家賃の家に暮らし、週に2日だけ身障者の介護のアルバイトをし必要な分だけ稼ぐ生活「隠居」をしている男性の書いた本。

食生活などの暮らしぶりは以前読んだ稲垣えみ子さんの「もうレシピ本はいらない 人生を救う最強の食卓」に近い(つまり私と近い)

 

非常にストイックに生活しているという感じでもなくて、一人を満喫しているという印象。

人付き合いが好きでないため、固定電話はあるが携帯電話を持っていないのでバイトを断られたというのはありそうな話だ。

とは言え、どうもPCとネットワーク環境はありそうだし、何より予定が少ない生活ってとても気持ちと時間に余裕があって、良いだろうなと思う。

 

テレビと炊飯器を持っていない私もどうもこちらの草食ジャンルに分類されることがあるけれど、仕事のスタイルがなんだかんだいっても肉食スタイルなので、チグハグな印象を与えることも多いようだ。

 

私の場合は、たくさんのものを管理する能力とエネルギーが足りないのだと思う。

使わなきゃたくさんお金はいらない‥という方向性は著者と似ているかも。若い頃はそんなこと思わなかったが、使わなければ働かなくて済むというのはよく考える。

仕事は好きだけれど、お金のために仕事すると仕事選べないからね。

 

何にもないっていうのは、大きな喜びもない代わりに、そんなにつらいこともなく、毎日淡々とゆるやかに笑っていられる生活です。(P136)

 

私がずっと知りたかったのは、お金がなくても自由になれる方法でした。
だって、生活が苦しい理由ってそれぞれたくさんあると思うけれど、突き詰めると、必ず「お金がないから」っていうのに突き当たりますよね。
「じゃあもっと働けば」って言いたくなるのはわかりますけど、私以外はみんな、もう働きすぎるくらい働いています。
それでも足りないってことが問題なんじゃないでしょうか。
だから、そろそろ、お金以外のアプローチえ、いろいろ苦しいのを解決してみるっていうのはどうでしょう。とか思ったりして。(P168)

 

Img_4364

 

 

« Zoom三昧 | トップページ | 雪のホワイトデー »