« 「間」 | トップページ | ごく普通の平日 »

しどろもどろ

4時20分起床。
8時前にアウトプットするタイプの仕事は全部終了。

9時にNTTの光回線の工事がやってくる。
工事が面倒で、以前のオフィスから引き継いでそのままWiMaxで繋いできたけれど、ルーターをプロバイダーの要望で変更したらものすごく不安定になってきた。
さすがにこれだけオンラインの会議などが増えてくるとこの状況ではまずいので、高い解約料を払って変更した。
ネットワークの安定感はものすごくストレスを減らす。

午前中はZoomの会議とZoomのコーチングがあり、終わったところで娘から電話があり、娘夫妻と花見に行かないか‥と誘ってもらったが、この日はそれなりに細かいタスクが多くて辞退する。
しかし、こんなに風が強くて寒い日に外に出て大丈夫なんだろうか?と心配する。
まぁ、しっかりした旦那様が一緒だから大丈夫だろう。

昼食後もいくつかアウトプット系の仕事をしたかったが、残念ながら頭が回らずしょうがないので、予備のPC、プリンター、Kindle2台のWifi設定を変更したり大学のインプット的な仕事に切り替え、紅茶+チョコレートで糖分を補給しながら、好きな作家のエッセイを読んだりする。



ポチ(夫)が帰宅。
入れ替わりに、「図書館に行ってくる」と話すと「それなら犬の散歩がてら一緒に行こう」と言う。
そうなるんじゃないかと思っていが…。

「ちょっと、一人で私も外に出たいのですよ…。ほら、あなたは会社行くから一人で出かけること多いけれど、私はリモートワークばっかりだから、一人で外に出る機会がね…」と、ややしどろもどろに伝えるが、全く理解できないようだ。

「いや、まだ結婚して1年も経っていない新婚だし、一緒に出掛けたくないとかマズイよ…」ってなんだかよくわからないことを言っている。
「一緒に出掛けたくない」と「一人で出掛けたい」というのは、全く別物なのだが、これはもう説得するのも時間が掛かるので、「じゃぁ、そうしよう」と言って、一緒に出かけることにする。

なるべく犬をゲージに入れたくないので(我が家は留守番時はゲージ)、帰りを待っていたが、この調子では毎回このパターンだろうから、ポチがいない間に出かけるようにしよう‥と心に誓う。

しかしまぁ、この人がこんなに恋人にベッタリな人だとは、友人として30年ぐらい付き合っていても全く知らなかった。
顔と言動がクールだから、余計にそう思っていた気もする。

ということで、とても風が強い中お散歩がてら図書館へ。
日差しが強いので、寒いのか暑いのかよくわからない感じ。
図書館は相変わらず、予約の本の貸し出しと返却受付のみなので、全体に暗い。

外に出たのがリフレッシュになったのか、夕方には少し元気になってWeekly Reviewの記事を仕上げてアップした。

Weekly Review – Week 11

晩御飯は、ポチの担当で肉豆腐、大根ステーキ、きのこソテー、きゅうりのキムチ和え、きゅうりの昆布和えを食べながらチューハイを飲む。

早めの晩ごはんだったので、Prime Videoで「はじまりはヒップホップ」を観る。
楽しい内容だけれど、泣けてくる。
お年寄りと若者ってそういえば相性いいんだよな‥。
中年だけがいつの時代も不満だらけで偉そうで取り残されているのかもしれないなぁ。
登場人物みんなが目がキラキラしていて、人生100年時代ってみんながこうだといいなと思う映画だった。



寝しなはジュンパ・ラヒリの「わたしのいるところ 」を読む。
今日図書館で借りてきたものだ。
この人の書く小説の静けさと繊細さがたまらなく好きだ。
でも実際にこの静けさの中に、自分の身を置いてみたら寂しくも哀しくもあるだろう。



Img_4417

« 「間」 | トップページ | ごく普通の平日 »