卒業決定

ブログでのご報告が遅れたが、無事卒業決定の連絡がきた。

多摩のキャンパスはとても好きだが、それでももうあそこまで行かなくて良いのか…というと心から嬉しい。
肩の荷が下りたというのはこういうことかとしみじみ思う。

この3月は娘も大学卒業で、同時卒業。

中大通教は、学費安いというけれど、それでもやっぱりスクーリングだの参考書籍だの都度出費もあるので、安くないじゃん!と思うケースも少なくなかった。

娘は自宅から私大お嬢さんが学校文系学部に4年間通った(お嬢さん学校だと知ったのは、学費の請求がきてから気付いたので手遅れだった)
教科書代と通学交通費は娘本人がバイトして出していたが、私が出していた学費だけでも400万かかりました。(入学金込、寄付金別)
ということで、やっぱりそう考えると中大通教って安いんだよなぁとしみじみ思う。
しかも娘の大学、非常勤講師みたいな人ばかりが授業をやってたみたいだし…。研究者の先生が講義に出てこなかったみたい。

ゆっくりでもちょっとずつ片付ければ、困難な仕事もいつか終わるのね…ということが最後の感想でしょうか。
途中で止めるから、挫折になるってことだ。続けていれば挫折にはならないね。だって、継続チャレンジ中ってことですからね。

皆様良い春を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«口頭試問