« 2004年9月 | トップページ | 2004年11月 »

2004年10月

2004年10月10日 (日)

今後のスクーリング

白門10月号(通信教育生向けの補助教材、スクーリングや試験の連絡事項その他、学習に役立つ記事等が掲載されている毎月送られてくる小冊子のことです)を読んでいて、愕然。

今年度のスクーリングに関して、受けられるのは刑法各論と知的財産法だけだというのは理解していたのですが、来年度の関東開催の予定の科目は、すでに単位取得済みもしくはそもそも履修していないものばかり。かろうじて破産法と国際法だけは履修の道も残されいてるが、破産法はともかく国際法はあまり学びたい意欲が無い。

スクーリングのためだけにその科目を勉強する気は無いし・・・・とぐずぐずと考える。

スクーリングを本気で受けたければ、地方まで遠征すれば良いのでしょうが、予算の問題もあるけれど(これは出張で溜めたマイルで何とかなりそうな気がする)、それよりも何よりも前後の移動のための時間があるので、そんなに時間取れないだろうという問題がある。仕事だけなら、なんとかなるけれど、コーチングも含めての調整を考えるととても頭が痛い。

私なんて東京在住だから地方に行くのだって行きやすいし、試験会場だって二箇所もあるんだから本当に恵まれていてあんまり文句行っちゃいけないんですけどね。

夏季スクーリングだって、宿泊なしで通えますし・・・・。

とはいっても、うーん、来期どうしようと早くも頭を悩ましたりしています。夏季スクーリング行きたいのですが、そうすると家族旅行が行けないしね。これはもう家族旅行は春休みにするかな!

それから夏季スクーリングはどの科目が開講されているかは、発表されているのだけれどどの科目がいつ開催されるかがわからないので、これも予定が組みにくい理由の一つ。

8月末の海外出張は恒例でほぼ決まりなので、まず間違いなく参加できない。

いやいや計画性が無いのがばればれだ。

まぁ人が4年間学校行って終わらせるものを、通信教育の場合、ベースは自分で本読んで学ぶのだから、そんなにうまくはいかないよね・・・と気楽にかまえて頑張ろう。

2004年10月 9日 (土)

夏季スクーリングの結果

夏季スクーリングの結果が届きました。

結果は法学B、憲法C。

法学はAかと思ったんですけどねぇ。うーん、残念。

憲法は引用した判例の名前全く間違えいたことに後で気づいたのと、一つ重大な論点を見落としていたことに後で気がついたので正直まずいかなーとかなり危惧していました。

とりあえず引っかかっていて良かったって感じです。

ということで2科目分の単位修得終了しました。

やれやれやっと夏が終わったって感じです(笑)

2004年10月 3日 (日)

知的財産法レポート

知的財産法のレポートに取組みはじめました。

といっても、指定図書読み始めただけです・・・・が、この指定図書全然わからない。

いや、決して本が悪いわけではなくて、私の理解力を完全に超えていて全く頭に入らないのです。

このまま100回読んでも理解できそうにないので、図書館でいくつか読みやそうな本を借りてきました。

借りてきた本についてはこちら→http://yaplog.jp/bookshelf/category_4/

この2冊のおかげでちょっと薄日が見えてきたような気がします。

2004年10月 2日 (土)

商法スクーリング出席不可

先日申し込んだ商法総論・総則/商行為のスクーリングは定員オーバーで参加できないとのこと。

うーん、がっくりこれでレポート2通書くはめに・・・。

刑法各論申し込んじゃおうかななぁ・・・・。5月に一度受講済みなんだけど、先生違うし、ポート提出間に合わなくて、不合格になっているし・・・・。

多摩だから、交通費のみだしな。

« 2004年9月 | トップページ | 2004年11月 »