« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月

2007年10月28日 (日)

社会政策 in 駿河台

ニッチもサッチもいかないーとレポート課題集を見るたびに頭の痛かった社会政策。

スクーリングに出たら、思いのほか楽しくてビックリ。

松丸先生曰く、2年に1度の通教の短期スクーリングはライフワークとのことでしたので、再来年にはまた開講されることと思いますが、この科目を選択されている方にはスクリーングは強くお奨めできると思います。


社会政策ってそもそもタイトルからして範囲広すぎない?と思いますが、本当に範囲広いです。

社会における政策を学ぶ・・・まさに文字の通りで、このスクーリングでも、少子化、ワーキングプア、非正規雇用の問題、年金問題、公的医療の問題など新聞やニュースで取り上げられる様々な問題について学んできました。

そもそも社会保障はどこまであるべきか?としみじみ考えていた3日間です・・・。


・・・・が、初日から咳をする人が多く、なんか教室寒いんですけど・・・でも、私だけ寒いみたいだし・・・・??と思っていたら、3日目の午前中に猛烈な悪寒にみまわれ、こりゃまずい!・・・と。

試験は年金問題を取り上げるということで、事前にまとめていたのですが・・・・。


月曜日は抜けられない会議がある・・・、ここで具合が本格的に具合が悪くなったら今週の仕事全滅かも・・・・と泣く泣く、途中で引き上げ。

案の定、家に戻ったら熱が高くてそのまま倒れこみました。


1月試験でリベンジとなりそうです。

単位修得計画狂いっぱなし。



追伸:月曜日は午前中まで起き上がれず、午後からマスクをして会議出席。会議と打ち合わせを終えたら、即効引き上げて、火曜日の昼にほぼ復帰しました。

2007年10月26日 (金)

11月試験受験票

11月試験の受験票が届きました。

ただいま、スクーリング中(社会政策・駿河台)に追い討ちをかけられた気分です。

まだ社会政策のレポートも仕上がってないし・・・・、ついでに言うと先日の手形・小切手のレポートは結局出せなかったし・・・・(途中で絶対無理!と思って諦めた)

仕事も落ち着いてきてしまって、言い訳できる材料もなくなったので、真面目にしばらく学習に取り組みます。

それにしても、東京は急に寒くなりました。

寒いので夜遊びも控えて、お家でぬくぬくと、がっちりじっくり(でもやっぱりのんびりか・・・)勉強しようと考えています。


あまりに同じデザイン・テンプレートの方が多いので、変えてみました。

http://www.yoshikoo.com/blog/index.htmlとスクリーンショット変わっちゃうけれど、まぁいいや。

2007年10月 8日 (月)

手形・小切手 in 岡山

ざっくりとまとめ。


・前泊予定が仕事片付けられず、朝6時ののぞみで出発。ぎりぎり到着


・豊岳先生による講義

初日は脱線が多くて、果たしてどこまで辿り着けるのか?という雰囲気だったが、2日目からはスピードアップ。

手形・小切手に関する突っ込んだ話。理論の構成を考えるのは確かにパズルのように面白いし、個人的には以前手形回収管理を担当していたので、かなり好きな科目の1つでもある。

美しい学問であるという先生の意見には全面的に賛成。

とはいえ、学問や判例で問題となるのは、やはり現実では滅多におこならいケースをどう処理するか?という点なので、この科目を受講すれば手形・小切手の実務に精通するかというとちょっと違うというのは認識する必要があるかな。


・ホテルはインターネットで予約したら、会場まで近いところのつもりが歩いて20分以上あって、大失敗。

このホテルにインターネット接続がなかったのも、前泊できなかった一つの理由。まぁ、ネットワークあれば、結局ずっと仕事しちゃうから勉強にならないだろうし、結果的にはこれで良かったと思う。


・試験は事例問題(今年のレポート課題みたいなイメージ)。2問のうち1問選択。他人により振り出された手形と融通手形。

多分通ったと思うので、これからがんばってレポート2通書く予定。


・帰りは新幹線が混んでいて、仕方が無くのぞみのグリーンで帰宅。前泊しなかった分・・・と思ったけれど、東京駅から自宅まで往復タクシー使ったので、意味なし。


・自宅に帰ったら、友人がきて飲んでいて、娘は文化祭の疲れでもう寝ていて、よくわからないまま酒宴に参加し、友人を良い潰し。夫と二人でGood Job!と互いに誉めあい、リビングで眠る友人に毛布をかけ寝室に引き上げた。


・まとめ:手形小切手は縁のない人は一人で勉強するのは難しいのでスクーリングを受けたほうが◎。

でも、スクーリングもいきなりだとつらいので、何でもいいから一番やさしそうな本を一冊読んでから出たほうが良いと思う。

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »