« 2007年11月 | トップページ | 2008年4月 »

2007年12月

2007年12月30日 (日)

好き嫌い

法律専攻といっても好きな科目とそうじゃない科目がはっきりするなぁ・・・と本棚の整理をしながら、ふと思いました。

・刑法嫌い

・訴訟法嫌い

・商法は普通。でも、手形小切手は好き。

・民法は好き。でも、親族・相続は嫌い。

・経済法(独占禁止法とかね)好き。

・行政法は知らない。

・英米法もとってないので知らない。

・教養科目好き

・知的財産法は好きだと思っていたら、あんまり好きじゃないことが判明。

・法学範囲広すぎ

・でも、憲法は好き

こんな感じですかね、

好き嫌い言わずに卒業しろ・・・って感じですね。

まぁ、来年もぼちぼちかなぁ。

卒論

2007年は生活全体のペースとしては、結構ゆっくりだったのですが、前半の体調がメタメタだったので、勉強のペースがだらーっとした感じでした。

まずいですねぇ。

来年は卒論書いて、残りの単位修得して2009年の3月には卒業しないとまずいです。(あれ?もう一年いられるのかな・・・???)

卒論は労働法で書くことに決めていて、実は昨年度途中までやっていたのですが、そのまま放置。

まぁ、そのまま書くのが一番楽なのですが、そもそも労働問題好き(どんな人?)なので、ついあれこれ本を買って、何で書こうかな~と考えてしまいますね。法律文献以外の・・・本ばかりですけどね。

http://mediamarker.net/u/yoshikoo/

労働法の諸問題の本ですから、当然にあまり明るい話は書いていなくて、自分の人生もよく考えないと・・・・、なんて、読みながら反省して、つい煙草吸っちゃう自分がいます。あまり身体には良くない感じです。

2007年12月13日 (木)

1月試験断念

1月試験を申し込まなくては・・・と、日程確認したら・・・・

思い切り海外出張とバッティングでした・・・・・。

こういう時はいつも「仕事と大学の両立なんて無理なのよぉ~」と悲劇のヒロインぶりますが、はっきり言えば計画性が無いだけです。

1月に海外出張があるということは秋には見えていたので・・・・自業自得。

とは言え、オンデマンドで受けた労働法(団体法)の試験も別枠で受けなくては・・・というのは、かなりショック。

これは事前にどうしようも無かったし・・・・・。

出さなきゃいけないレポートの数も随分減りました。粛々と片付けなくては・・・・

ああ、卒論やらなきゃ。これが一番頭が痛いです。

2007年12月 3日 (月)

厚生年金を払っても....

厚生年金を払っても貧困層になる可能性という文章が目に付いた。

先日の社会政策の講義でも、年金制度の危うさに関してはかなり大きく取り上げられた。公的に発表されている情報をだけを頼りに探っていっても、年金制度は危機的な状況だということがわかる・・・・ということが、その講義でよくわかった。

この森永卓郎さんの文章では、「40代以下は年金をあてにしない人生設計を」を呼びかけているがまさにその通りだと思う。

しかし、自分の周囲(30代半ば前後)を観ていると、どうも厚生年金というのはひどく信用があるように過信している人が多いように思われる。

国民年金なんてもらえるかどうか、判らないから払わない方が良い・・・と言い切る人は多いが、勤務先の厚生年金については心配しない人が多い。

正社員としての勤務を辞めないのは、社会保険制度を理由に挙げる人は決して少なくない。

国民年金を支払っていない人は、当然に年金を考えた将来設計を考えていないし、払っている人でもそもそも国民年金でやっていけるとは思っていない人が多いのは、確かだ。

一方で厚生年金に入っていると全く将来を心配をしていないと言うのが、実は結構多いと思うが、実際そこはかなり怪しい。

一般に厚生年金を納める人は、国民年金よりも高額を収めていると思う。

そして、これが年収が上がってくると本当にもう結構な金額が取られているのだが、どうもその将来を心配する人が少なすぎるような気がするのだ。

年間にすればボーナス分ぐらい払っている人もかなりいるだろう。

それだけ払っているんだから、その行く先はよく考えたほうがいいと思う。

社会政策は決して他人事ではなくて、自分のことなのだ・・・・。

« 2007年11月 | トップページ | 2008年4月 »