« 法律科目の勉強法 | トップページ | 今月は卒論熟成月間とします。 »

2010年8月27日 (金)

法律科目の勉強法 基本書を読みこなす

法律の基本書とは、その科目の中で主流の先生が書かれ、その法律が体系的にまとめている本を指します。生協平積みされていたり、Amazonでその科目で検索をするとトップのランキングにいたり、それから司法試験の出題者になっていたりすることもあります。

例としては、「芦部・憲法」「内田・民法」「前田・刑法」なんていうのが以前から有名ですね。
大体壮丁もなんとなく「すごそう」「偉そう」という感じなんで、実際に書店で見てみるとすぐわかると思います。

その科目全体を網羅していますから、ようはこの本を読みこなし、さらに判例百選を味方につければ、試験もレポートも突破可能です。

・・・・が、大体において分量が多くて、いろんな学説の研究も含まれているので、なかなかこれが読みとおせない。
読みとおすためにいくつかのコツがあります。
下記にまとめてみますので、お好みで試してみてください。

1.まず目次全体を良く読む。(法律の体系が見えてきます。読んですぐ忘れちゃっても問題ありません)

2.全部のページをぱらぱらとめくってみてみる。図や表のあるところは少し時間をかけて眺めてみる。

3.読み始める。

3-1 「こんなの読みとおすの無理ー」と思ったら、音読で声を出して読んでみる。

3-2 タイマーで集中できる時間を計ってみる。

3-3 集中できる時間(たとえば3分間)まで読んで、そこで終える。

3-4 次の日はタイマーで計ってがんばって4分間読んでみる。

3-5 翌日以降1分ずつ読む時間を増やしていく。

このやり方は、基本書読みに限らずあらゆる、身につけたい習慣に適用可能。興味のある人はぜひ読んでみてください。
「脳が教える! 1つの習慣」 

4.ノートは取らない(初回は)

5.何度も繰り返し読むことになるので、最初の1回目(初読)は理解できなくても立ち止まらない。

6.こうして色んな方法を試して、一度本を通読できると、二回目以降読むときは、とてもスピードと理解力を上げて読むことができるようになります。二回目以降は好みに応じてノートを作っても良いと思います。

ちなみに私は判例百選を読むのが苦手です。
紙質の悪さ、文字のぎゅうぎゅうに詰まった感じ。読んでいて本当につらくて頭に入らない。
でも、どうしても読まなきゃいけない事例のときは、PCに内容を頭から打ち込んでいきます。そうすると自然に頭に入ってきて、理解もよくできます。

基本書でこれをやるのはつらいですが、まぁ、もしも色々と試してみてダメで且つ、PCの文字入力が苦にならないという方がいれば試してみてください。本当によく理解できます。

学問に王道なし・・・・としみじみ感じる今日この頃。
一緒にがんばりましょう。



にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ
にほんブログ村 ←久しぶりにランク10位以内に戻ってきました。現在の順位の確認はこちらをクリックすると見ることができます。

« 法律科目の勉強法 | トップページ | 今月は卒論熟成月間とします。 »

コメント

こんにちは。くじぽんさん、基本書の読み方と題しましたが、ビジネス書の小難しいやつもこんな感じで読んでますというご紹介のブログでした。

ブログへのリンク/アンリンクはいつでもご自由にどうぞ。

くじぽんさんのブログ拝見しました。私も手形・小切手のスクーリング検討していましたが、旅費交通費がつらいので、なんとか11月試験で頑張ろうと思っています。

こんにちは。

基本書の読みこなし方ですが、参考にさせていただきます。

よく、『勉強はこうするべきだ』との主張をされる方々がいらっしゃいますが、結局、勉強の仕方なんて人それぞれ。

参考にした勉強方法がピタッと合う人もいれば、全く合わない人もいたり、また、若干アレンジしたやり方で勉強してらっしゃる方もいたり。

中大通信を卒業した人の勉強のやり方と同じ方法で勉強したからと言って、自分も卒業できるのだとは必ずしも言えず。

結局、学問や勉強に王道なし、っていうことになるんですねぇ。

PS:yoshikooさんのブログへのリンクを、わたしのブログに貼らせて頂いてもよろしいでしょうか?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 法律科目の勉強法 基本書を読みこなす:

« 法律科目の勉強法 | トップページ | 今月は卒論熟成月間とします。 »