« 夏スク4日目 | トップページ | フランス語への挑戦! »

2010年8月 7日 (土)

夏スク終了

暑さ、効き過ぎの冷房、往復4時間の通学時間、そして重たい荷物・・・・もう体力限界、というところで夏スク終了しました。
今回は社会政策と知的財産法。
どちらも教授陣に恵まれ、本当にたっぷりと知的好奇心を刺激されて帰ってきました。

社会政策の佐藤清教授には、教官室で教授手ずからのコーヒーまでご馳走になるという思い出に残るエピソードも。
初めてみたバカロレアの試験問題を見て、10代で哲学が問われるのがフランスなのか・・・と愕然としました。
これじゃぁ、議論しても勝てないわけです。

松丸教授の社会政策では、本当に身近な問題を社会政策という観点から考えるという視点をいただき、100歳以上の高齢者の所在不明、大阪の二児遺棄の問題(この母親の別れた夫は何をしていたのか?この母親に少しでも頼れる親戚はいなかったのだろうか)など、家族のセーフティネットが壊れてしまっている中、社会政策で考えるべき課題は多いとしみじみ思いました。

佐藤恵太教授の知的財産法はとにかく授業のスピードが速いのだけれど、ケースも最新の事例が多いし、かなり突っ込んだ深い内容も多くて、取っ掛かりが全くつかめなかった知的財産法が実はこんなに面白かったのかと目を開かされました。
独占禁止法の金井教授の講義、佐藤教授の知的財産法は、本当にオススメ。
但し、単位だけサクッと取りたいという人には全くオススメできません。本当に最新の事例を学びたいという熱意のある人向けです。

さて、来週中に第三回卒論レポートをまとめあげなくてはなりません。
一週間お休みをしていたので、コーチングも仕事もかなりタイトですが、中央大学で勉強できるチャンスはもうあとわずかですから、一日一日大事にして前進していきたいと思います。

直接、授業とは関連がないのですが、この期間に読んだ本を夏の思い出として以下にまとめておきます。

大げさではなく、夢のように楽しい一週間でした。




佐藤清教授のサインもいただきました。フランス語で「2010年夏の思い出」と入れていただきました。


賛否両論ある新訳ですが、画期的な試みだと評価します。巻末にある解説も非常に丁寧で、この重厚な文学作品を読むのに大きな手がかりを与えてくれます。


映画も美しくて大好きですが、文章で読んでもすばらしかったです。本当に小さな村の本当に豊かなお話。何度も繰り返して読みたい本のリストに入りました。

« 夏スク4日目 | トップページ | フランス語への挑戦! »

コメント

金井先生の講義、すごく良いですよ。
うらやましいなぁー。
でも、試験の採点辛口でした。
スクーリングに出て、試験に落ちた唯一の科目が経済法です。(そしてそのまま単位未修得です)

民法5は随分前に取ったので記憶が定かではありませんが、確か試験問題は同時死亡の推定と相続の問題だったと記憶しています。

こんばんは。

わたしが受講するのは、

午前:経済法(金井・西村先生)

午後:民法5(野沢先生)

です。


>>でも、試験に落ちて、来年また多摩で涙ぐむのは避けたいです(笑)


まったくです(笑)

くじぽんさんは、何を受講されるんですか?
体調管理に気をつけてくださいね。熱中症気味の方、結構見かけました。

私は、夏スクもこれで最後かと思うと、ちょっと涙ぐんじゃいました。

でも、試験に落ちて、来年また多摩で涙ぐむのは避けたいです(笑)

こんばんは。

そして、夏季スク受講、お疲れ様でした。

収穫の多い授業だったようですね。

わたしも充実した受講となるよう、がんばってきます。

それにしても、往復4時間って・・・(汗)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夏スク終了:

« 夏スク4日目 | トップページ | フランス語への挑戦! »