« 法律科目の勉強法 基本書を読みこなす | トップページ | ネタ切れ(中央大学通信教育日記) »

2010年9月 1日 (水)

今月は卒論熟成月間とします。

卒論のテーマになる文献を読めば読むほどあれこれ、書きたいこと、もっと調べるべきことが出てきてしまって、収集つかなくなっています。
もっというとたとえば判例検討などの切り口を下手に選択してしまうと、卒論のテーマとの一貫性が微妙にずれてきてしまってきて、確かにその判例を参照するのは、正しいけれど、私のロジックでいくならそういう風な検討の仕方は前後が合わないよね?
ということです。

そうか、研究者がどの学説を選ぶということは、こういう苦労があるのか・・・とちょっとわかりました。
ある判例ではA説を採り、次の判例ではB説を採るなんていうのは、論理の一貫性が破たんしますね。法学を学ぶものとしてこんな基本的なことに今頃気がつきました。

通常の通信課題のレポートでは、論じる範囲が狭いので、なんとなく良さそうな学説を一つ選びだせば結構そのまま2000字なんて書けちゃいますからね。

それからやっぱり労働法全体の俯瞰がよくできていない、さらに言えば関連する憲法、民法などとのところがまだまだ弱い・・・・・というのも見えてきました。

このまま切り貼りみたいな形だけ整えた卒論を出しても間違いなくアウトだと思うので、9月一ヵ月はとにかく資料と関連図書を読みこなして、自分の中から、「ああ、これ絶対書きたい」というのが出てくるの待ちたいと思います。
そうして、もぞもぞ書きたいという気持ちを抱えて、10月に一息に書ききって、11月提出。

おいおい、そんなにうまくいくか?という声は今すでに心の中からから聞こえています。

でも、そうしようと思います。
良く考えれば、何も今年
無理に卒業しなくても、別に来年9月でも特に困る理由もありませんしね(←この発想で、いつも卒業延びています)



にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ
にほんブログ村 ←さて、このブログの順位は現在何位でしょうか?

« 法律科目の勉強法 基本書を読みこなす | トップページ | ネタ切れ(中央大学通信教育日記) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今月は卒論熟成月間とします。:

« 法律科目の勉強法 基本書を読みこなす | トップページ | ネタ切れ(中央大学通信教育日記) »