« 2013年10月 | トップページ | 2014年2月 »

2013年11月

2013年11月 2日 (土)

卒論ハンドブック(リベルス5)

なんかこう微妙にアクセス数が多いこのブログですが、もう卒論しか残っていないので、面白いネタもないし、学習進捗もないし、もちろん大学卒業の素晴らしいノウハウもないので、運営者本人の私もなぜそんなにアクセスしてくださるのがかなり不思議です。

さて、今月半ばは卒論最終締め切りですな。

レポートと卒論の距離は果てしなく離れいていますが、中でも私にとって戸惑うのは注釈やら参考文献をとにかく細かく記入しなくてはならないことです。
これをやり始めると、普段読んでいるものもなんか手元にオリジナルの本、もしくはコピーがなくては心配になってきます。なんでもとりあえず出版年月日を確かめる癖がつきました。
やっぱり出版時期によって、経済情勢やら背景文化が変わるので、論文そのものに記述するかどうかは別にして、判例の読み方なども変わりますね。
こういう時、Internetというのはとても助かります。

あと、本やらブログやらの読み方が論文的になってきて、その意見やら調査はどこが大元のネタなのか、気になってしょうがない…というのがあります。
最近、洋書の翻訳はある程度の値段のものは大体参考文献とか出典元があるので、安心しますし、助かります。
日本の本もノンフィクションについては、ぜひそうなると嬉しいなぁ。新書とか読みやすいんだけれど、参考文献記載が少ないものが多くて…。

普段、雑多な本の管理は、Media Makerを使用しています。気がついたら引用文も管理できようになって、結構助かります。

まぁ、本格的な研究や論文資料には向かないと思いますが、私のように普段雑多に何か書き散らす程度なら、これも良いかも。

ところで卒論ハンドブック(リベルス5)というのは、相変わらず卒業に近い学年にならないと請求できないのでしょうか?
もし可能なら、入学してからできるだけ早く入手しておくと良いと思います。

これを読んでおけば、いかに卒論が大変なのかイメージが持てますので。逆に言うとこれ以上はやらなくて良いのか…というのもざっくりわかります。

« 2013年10月 | トップページ | 2014年2月 »