« 実用書はやっぱりAmazonか… | トップページ | 初めてのスクーリング 「デザイン概論 スターター」 »

2018年5月23日 (水)

舞台演劇に足を取られるとは…

【2018年5月21日】

4時間4分

Web視聴の終わった芸術史講義(近現代 1)の試験は、1200字でレポートをまとめ、今週中に提出ということになっているので、朝からこちらをガリガリ復習。
芸術動向の何を選んでもいいのだが、私はとりあえずミニマリズムでいくことにして、テキストやらその他参考文献をあれこれ漁る。

同じくWebスクーリングの芸術史講義(近現代 3)も今週中に試験課題を出さなくてはならないのだが、こちらはまだ視聴が終わっていない。
視聴が終わらないと課題内容もわからないし、課題も出せないシステムになっているので、急いで4章分進める。
文学の話はメモを取らなくても、読んだものも多いし、まぁ大体の文学史がわかっているので、章末テストにそのままで受かるが、演劇部分は「それ誰ですか?」というのが多くて、メモをしながら視聴。

「リアリズム」って、絵画や文学がつながっているだけじゃなくて、演劇もつながっているのねぇ‥などと、考えてみれば当たり前のことに関心したりしている。

Illustratorのスクーリングに向けて、事前課題をしなくてはならないのでは?とふと気づく。
確認したらやっぱりあった。
他の科目でも、illsutrator必須なので学びついでに早目に手をつけることにした。

うーん、そのむかし、MacDrawとかMacPaintとか、PageMakerとか習ったときのことを思い出した。
そして、同時に私その手のものがあまり好きじゃない‥ということも思い出した。
しかも、当時はDTPオペレータとか単発派遣でやったし、すごく苦手なのにMacのインストラクターとかやっていたんだから、身の程知らずである。
まぁ、1990年代初めなんて、Webも一般的じゃないし、その手のソフトもMac自体も今考えるとそんな大したことできなかったら務まったのだろう。
教えていたテキストもよくできていたしね。


【2018年5月22日】

1時間41分

Webスクーリング 芸術史講義(近現代 3)は、 十九世紀末からの文学の部分が終わり、ここから舞台演劇となった。

私は文楽も歌舞伎もミュージカルも好きなのだが、どうにもいわゆるお芝居がが苦手である。
やっている人たちだけが楽しそうなのが苦手というのがその理由なのだが、よく考えるとこれはスポーツ観戦だって、ミュージシャンだってそうだろう。

Webスクーリングだから、いろんなタイプのお芝居の動画が時折、表示されるが、やっぱり苦手だわ〜‥と思いながら眺めているので、さっぱり頭に入らない。
多分、役者さんたちの自己陶酔している感じが苦手で、見ていて恥ずかしいのだと思う(演劇ファンのみなさん、本当にすいません)

Webスクーリングは章ごとに確認の小テストがある。
これまでほとんどメモを取らずともクリアできていたが、演劇のところはどうにも無理なので、書きなぐりのマインドマップでメモを取っていたら、何年かぶりにペンだこができて、びっくりした。

今はわからないが、私が学んでいた当時の中大通教はレポート提出が全て手書き(←これも卒業率を下げている原因の1つでは?と思うのだが)。
その頃はよくペンだこができていたなぁ…。

仕事ではまずそれほどの量をペンで書くことはないし、まとまった文章はすべてキーボードだからペンだことはご無沙汰で、ちょっと感動すらおぼえた(大げさな‥)

Adobe Creative Cloudをデスクトップにもインストールしたり、いくつかの資料を印刷したりと結構大学に関する雑務も多い1日だった。


【2018年5月23日】

1時間13分。

芸術史講義(近現代 3)のWeb視聴終了、あとは今週中にレポート試験を提出で終了予定だが、明日は終日仕事で、週末はスクーリングのため、実質できるのは金曜日のみ。

演劇の後は、舞踊で世界の舞踊とか日本の舞踏とか、いろいろ出てきて面白かった。ストーリー性を排除した抽象的なダンスというのは、メッセージ性が強くてだんだん演劇っぽくなってきて、これはまた苦手かも…・

アジアの伝統芸能をおりまぜたダンスにはすごく惹かれた。
こういうアジア圏のものにぐーっと引っ張られるのってなんなのかなぁ、やっぱり文化の共通性・親和性が高いのだろうな‥と思う。

私の何度も繰り返し読んでいる本に、振付家トワイラ・サープが書いた「クリエイティブな習慣―右脳を鍛える32のエクササイズ」という本がある。
今回の舞踊の講義で、たくさんの振付家の名前や写真が出てきて、この本に出てきた振付家がどんな人だったのかようやく合致した。
こういうのも学ぶ過程における喜びのひとつだ。

すっかり嬉しくなって、また本を読み返してしまい、おいおい勉強しろよ‥と自分で突っ込んだりてしている。

この日はIllustratorの勉強もする予定だったが、マンションの理事会が3時間半もかかり、ぐったりしてしまい終了。
なんだかんだとやることっていっぱいあるなぁ。






にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ
にほんブログ村

↑よろしければクリックを。励みになります。

« 実用書はやっぱりAmazonか… | トップページ | 初めてのスクーリング 「デザイン概論 スターター」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 舞台演劇に足を取られるとは…:

« 実用書はやっぱりAmazonか… | トップページ | 初めてのスクーリング 「デザイン概論 スターター」 »