« Webスクーリング科目での大失敗 | トップページ | 事務的な処理が苦手過ぎる »

2018年6月24日 (日)

スクーリング:illustrator編

週末スクーリング。
2日間合わせて、勉強時間は23時間。
今回は、復習しないととてもついていけないので、相当の時間数を勉強した。

スクーリング中にふと気づいたが、この手の実技科目系コースで、学生時代の美術の成績が5段階で2ぐらいだったのなんて、私ぐらいだろうと思う。
ここで学ぶ人達は、大半がセンスがよくてそもそも美術の成績は、4と5以外はとったことありません…という人ばかりなのだろうな。

苦手だからあえて勉強に来る場所ではないのだよね‥きっと大学というのは‥。

まぁ、でも得意な人が得意な人に囲まれて、制作をするとそれはそれで自信喪失するかもしれないし、私のようにゼロスタートだと、何かしらちょこっとできるようになるとものすごく嬉しい。

TOEICも750を超えたあたりから、踊り場が広くてなかなか上達が見られなくて辛くなるが、300ぐらいのスタートなら、600ぐらいまではやればやった分伸びるから楽しい。

まぁ、だらだらこんな言い訳めいた前置きするぐらい、大変だったスクーリングです。
私にとっては…。

ペジェ曲線のところで躓きまくってしまったのは、まぁお約束として、課題の暑中見舞いはがき作成も そもそも描きたいというものがないのです、私の中に…。
文章だったら描きたいこと山程あるんだけどなぁ。

全員の作品を見ながら講評の時間があって、写真とイラストをうまく組み合わせた大胆な発想も面白かったし、完成度がすごく高くて普通に文房具屋さんでポストカードとして売っていそう‥というものもあった。

自分で面白いなと思ったのは、こんな暑中お見舞送られてきたらとっても嬉しいという葉書と、すごく素敵でポストカートして売っていたら、買って自宅に飾っちゃうというものが全然違う点。
飾りたいものとメッセージとしてもらって嬉しいものってちょっと違うんだ‥というのがよくわかった。

前回のスクーリングで知り合った学友たちとも、お会いできて楽しく刺激的なあっという間の2日間だった。

それにしても実技科目の苦手っぷりがすごい。
これは卒業制作にもモロに影響が出そう。
illustratorに関しては、毎日触っていないと多分全部忘れてしまいそう。
次のスクーリングはPhotoshopもあるので、こちらも並行して作業を進めなければ…


にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ
にほんブログ村

↑よろしければクリックを。励みになります。



« Webスクーリング科目での大失敗 | トップページ | 事務的な処理が苦手過ぎる »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スクーリング:illustrator編:

« Webスクーリング科目での大失敗 | トップページ | 事務的な処理が苦手過ぎる »