« 2018年7月 | トップページ | 2019年8月 »

2018年8月

2018年8月31日 (金)

8月のまとめ

暑い暑いとぼやいているうちに去ってしまった8月という感じ。
以下は、8月の進捗と9月以降の計画(←希望 or 野望?)


 

<スクーリング科目>

 
 8月:Webデザイン1 タイポグラフィ2 

 

⇢Webデザイン1は、受講済みで、AirU上では既に単位取得見込みとなっている。

 

⇢タイポグラフィ2は、仕事のトラブルで受講できず、京都開催もあるのだけれど、直前に山小屋泊があって、ちょっと無理そう。
来年度に持ち越し予定。
あー、受講料も支払ったし、事前課題も片付けたのに…(涙)

 

 9月:ピクトグラム
⇢事前課題やらないと・・・・。
シラバスに「スケッチ」という言葉があり、打ちのめされている。

 

秋期のスクーリングは、以下申し込み済み。

 

広告企画とコピー
インタラクションデザイン
ウェブデザイン2
映像メディア


 

<TW科目> 

 

・タイポグラフィ1→8月に提出延期
⇢結局、8月も出せなくて次回に繰越⇢10月提出?

 

・Web1
⇢7月提出したものでA評価で合格

 

・デザイン基礎2
⇢7月再提出したものA評価で合格

 

10月の提出期間に出したいものが、以下の4科目+上記のタイポグラフィ1
無茶過ぎる!と自分でも思うのですが、不合格の場合に備えて、秋期中に出したい〜。

 

・情報デザイン基礎1 日常の観察
・情報デザイン基礎2 物語の図解
・情報デザイン演習2-1 タイポグラフィ2
・情報デザイン演習2-1 Web2

 

そもそもタイポグラフィ2のスクーリングが受講できていない私にこの演習課題取り組めるのか?というのもあります。


 

<TR科目>

 

・デザイン論2/マーケティング概論/ブランディングデザイン論
→レポート合格済 9月上旬に試験を受験

 

・生活空間デザイン史
→8月に提出延期としていましたが、こちらも出せず、そもそもこれって建築コースの方が受ける科目
のようでかなりハードル高いこともわかってきました。

 

・「現代デザイン論」
⇢上記、「生活空間デザイン史」からこちらに変更。秋期中に出す予定。
10/21-30 11/21-30のいずれかに提出予定です。


 

<WS科目>

8/21-28 芸術史近現代1&3 レポート再提出

 

⇢こちらですが、提出画面が表れず事務局に確認したら、<春・秋><夏・冬>というセットになっているとのことで、春に視聴した私は次は秋じゃないと出せないということでした。
イマイチ仕組わかりませんが、まぁご指示通りにするしかないですね。

 

試験を受けるのが初めてなので、どんな仕組なのか今ひとつわからずドキドキです。
…って、明日から受験なのですが…
まぁ、まずはやってみて、ダメでも秋がありますから‥と開き直っています。

 

それにしても、ただでさえ、実技苦手なのにTWの重さが尋常じゃなくてモチベーションだだ下がり中。

 

その一方で、最近仕事の面で大学で学んでいることが非常に役立つ場面が増えてきて、仕事に役立てるつもりじゃなくて入学したのですが、副次効果で有り難いなぁ‥と思っています。
特にAdobe製品関係ですね。

 

ごちゃごちゃ言っても時間は去っていきますから、9月は黙々とがんばります。


 

にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ
にほんブログ村

↑よろしければクリックを。励みになります。

2018年8月15日 (水)

西陽の当たる部屋

【2018年8月15日】

学習時間:1時間14分

本日の学習はほぼUdemyによるillustratorの学習。
細かくツールの説明もしてくれるので、非常に有り難い。
ああ、こうすると使いやすいな‥というのが少しずつわかってきた。
こういうツールの使い方とかユーザーインターフェースって作品作る前に説明されてもピンとこないから、どのタイミングで学ぶかって結構難しいかも。
作る前とある程度操作がわかってからの2回学ぶのでちょうど良さそう。
そういう意味で、E-Learningは繰り返し学べる点がいい。

予想していなかったわけではないが、仕事が増えてきて、また時間に追われることが増えそう。
明日は早朝に海外との電話会議、日中は顧問先訪問、夜はコーチングの仕事と立て込んでいておそらく勉強時間はゼロ。
移動時間も仕事の資料を読むことになるだろう。

タイポグラフィ2の事前課題は結局ぎりぎりの金曜日に片付けることになりそう。

「デザイン基礎2」というTW科目が合格した。
この科目は、自分の幼少期の記憶についての文章を書くというものと、文字を使って絵を描くという2つの課題があり、その2つが結びついていなくてはならないというもの。

このとき書いた文章がそれなりの文字数があったので、「西陽の当たる部屋」というタイトルでそのまま仕事の方のブログに掲載することにした。
誤字脱字があったので、そのあたりは修正。

合わせて同じくTW科目の「Web1」も合格。
Web1は、先週受講したスクーリング科目のWebとも共通することが多かったので、すんなり進めて合格できてありがたかった。
7月にスクーリング受講したタイポグラフィ1、Photshopも含め、ぜんぶで9単位取得がほぼ確定したようだ。

2018年8月14日 (火)

大学と視点の変化のたのしみ

【2018年8月14日】

学習時間:1時間28分

この日は、タイポグラフィ2のスクーリングに向けて事前課題とUdemyでIllustratorの勉強をしました。

タイポグラフィ2の事前資料を読み込みましたが、前回はいろんな欧文フォントの歴史や種類について学びましたが、今回はタイポの構成やスペーシングなどもっと細かいところをあれこれ学ぶようです。
スクーリングの際の演習課題は、クラスメートから名刺依頼書を受け取り、そのリクエストに沿った名刺を制作するようです。

最近は、仕事でいただく名刺はぜんぶeightに入れてしまっていて、実際の紙の名刺は破棄することが多いのですが、本当は紙質などを見る上では取っておいたほうがいいんだよなぁ‥と改めて。

仕事で紙もののリーフレットやカタログなどの制作に携わることも多く、そういうときにやっぱり紙は後々のアイデア出しや、お客様にイメージを持ってもらうために取っておかないと‥と思うのですが、いかんせん保管場所が…。

※制作に関わるといっても、わたしがしているのは全体のコンセプト作りと進行管理なので、デザインしたりはしていません。そういうのはプロの方にちゃんとお願いしています。
プロとお客様の間のブリッジ役みたいなものです。

たまたま図書館に立ち寄ったら、いろんな名刺のデザインが出ているものがありましたので、借りてきてました。
いつもの一番よく通っている図書館なのですが、これまでデザインとかアートとかそういう棚をあまり見ていなかったのだなぁ‥とウロウロしながら気づきました。
とくにプロダクトデザインの棚があるのは全く気づいていなかったです。
大学で学ぶようになって、こういう視点が変わるのが本当に面白いし、好きなのです。

中央大学のときも、法律学んだら新聞読むのがぐんぐん楽しくなった経験もありました。裁判の話とか憲法改正とかすごく興味が持てるようになりました。

Udemyで勉強すると時間が経つのがあっという間。
本だと30分勉強しながら操作するともうそれだけで、ぐったりするのですがUdemyだとそういうのがないのが嬉しい。
ちょっとだけillustratorと仲良くなって気がします。
いつか離れられないぐらい深い関係まで持ち込みたいものです。





にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ
にほんブログ村

↑よろしければクリックを。励みになります。



2018年8月13日 (月)

Udemyいいかも!

気がつけばあっという間にお盆となってしまいました。

7月、8月はスクーリングが2回ずつあって、かなりハードな感じです。

京都造形芸術大学のスクーリングがキツイのは、事前課題が科目によってはかなり手が掛かるものがあるためです。

中央大学のときはそういうのがなかったので、余計にキツく感じるのかもしれません。

(そのかわり、中大のスクーリングではスクーリング最終日に単位修得のための試験があり、これに合格しても一定の時期までに2単位分のレポートが仕上がっていないと単位にならない‥というシステムがあります。
それから、スクーリングが完全座学で3日間というのもあります。
京都造形は実技中心で2日間ですから、よく考えるとキツさはどっちもどっちかも‥)

先週末にWeb Design1のスクーリングが終わり、残すところはタイポグラフィ2のスクーリングとなりました。
現在は、こちらの事前課題に取り組みつつ、一方であまりに苦手なPhotoshopとillustratorをなんとかすべく、Udemy でそれぞれのアプリケーションについて学ぶコースの受講をはじめました。

私が受講しているのは、どちらも村守 康先生のコースですが、本当に画面の細かい説明から順番に説明してもらえるのは、非常に有り難いです。
本だと細かいマウスの動きとか今ひとつわからなかったのですが、動画なのでそのあたりもよくわかりました。

Udemyについての詳しい話は、こちらのブログ記事「動画学習サービスUdemy(ユーデミー)を1年間利用してみた評判と感想」が非常によくまとまっていましたので、ご興味ある方はぜひこちらを。

仕事で最近マイクロ・ラーニングに関わっていますが、実際に自分がガチの受講生になるとまた色々と見えてきますね。

Udemyのおかげで、私の実技科目に対する深い苦手意識も少し減らせそうです。やっと薄明かりが灯ってきた感じです(涙)

とはいえ、自分の中に描きたいものが存在しない…という根本的な問題はは、また別の課題として残っているんのですが…。


にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ
にほんブログ村

↑よろしければクリックを。励みになります。

« 2018年7月 | トップページ | 2019年8月 »