« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »

2020年3月

2020年3月16日 (月)

デザインと機能

前回の記事アップから1週間以上経ってしまいました。

 

新型コロナウィルスの影響で、私のお取引先があちこちリモートワークに切り替えられたら、すごく忙しくなってしまい、時間数的にはあまり勉強が進んでいません。

 

ただ、現在進めているスクーリングの事前課題の学びが楽しくて、ちょっとリズムが出てきました。
自分の好きなブランドについて、ブランドストーリーからそのプロモーションなど幅広く調べるという課題ですが、色々と調べて知ってみると、ますますそのブランドが好きになるだけでなく、この考え方は仕事にも使えそう?と思う部分などが出てきて、そのつながりにワクワクしてきます。

まぁ、この手の新しいアイデアを出すから、また仕事増えちゃうんですが…(ひょっとして悪循環なのか?)

 

先日、提出して全く受かる見込みがないと思っていた「物語の図解」という課題が合格していたことがわかり、ホッとしました。

 

この課題は、3つのお話の一つを選んでそれを図解するというものです。
私自身は、「桃太郎」を選び、各場面の代表的なオノマトペと日本の伝統色・伝統的な柄で表現するというものを作りました。

 

全部仕上がった後に、参考例を見ると完全にそれらの作品を見るだけで、物語がわかる図解になっているものだったので、私の作ったものとはかなり違っていて、これはマズイ‥と思ったのですが、気力なく提出してしまったものでした。

 

なにはともあれ、これで3年次に修得しなくてはならない単位が全て全て修得できました。
(…って、今の私は4年生なのですが‥)

 

現在、京都造形芸術大学ではWebでの卒業展が開かれています。
Webで表せるものだけですので、全てではありませんが自身の卒業制作にも参考になります。

 

この展覧会に先生からの言葉として、以下のようなものがありました。

 

「デザインは社会で機能してこそ、真のデザインとして成り得る」

 

本当にまさにこれだなぁ‥とハッとしました。
デザインとアートの違いって、多分このあたりなのだと思います。
自己表現のためのアートに対し、デザインは誰かのためのもの’であり、社会のためのものであることが、第一なんだと大学に入ってからつくづく感じています。

 

卒業制作展でも賞を獲っている作品はこのあたりがすごく抑えられているなぁと思います。
美しいという意味での完成度だけではなく、そこに目的と機能性があるのです。

 

 

<ここしばらくの勉強まとめ>

 

大学2020年度スケジューリング確認:14分

TW課題:プランニングディレクション 48分

スクーリング準備:アドバタイジングデザイン 1時間40分

2019年度卒業制作展:37分

読書「情報社会とコミュニケーション」32分

「Webディレクションの新・標準ルール 現場の効率をアップする最新ワークフローとマネジメント」 51分

 

 

前回かからの勉強時間:4時間42分

 

2020年累計の勉強時間:72時間48分

 

2020年1日あたりの平均勉強時間 (75日経過):58分(前回比:-3分)

 

 

こちらクリックしていただけますと、ランキングの順位が変わります。


 

にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ
にほんブログ村

 

 

本日のランキングは20位。

 



2020年3月 7日 (土)

パッケージデザインを考える

パッケージデザインの課題について、引き続きあれこれ考えています。

仕事もそうですが、課題を頭に入れてあちこち見回すと、色んな人が自分の身近に落ちているなぁと思うことが多いです。

自宅に送られてきたお祝いの品にのし紙がかかっていて、のし紙風もいいなぁとか、これはのし紙っぽいデザインもそうですが、パッケージの上にさらにもう1枚パッケージを追加するという意味でも。

また、我が家の近所にすみだ珈琲というちょっとレトロな感じで有名な喫茶店があります。
先日、友人と訪れたのですがこちらはコーヒーカップに江戸切子を使っていて、さすがに江戸切子をパッケージにすることはできませんが、このキラキラした感じはセロファンで出せるのでは?などと考えています。



その他、読んでいるテキストから、パッケージにすごくこだわるのではなく、パッケージに小冊子をつけるとか、パッケージそのものに思いっきり商品の説明書きを入れてしまうとかもいいなぁなどと考えています。

スクーリングだと2日間で仕上げなくてはならないですが、提出課題だと締切が自分次第なので、うだうだいくらでも考えてしまうので(正確には妄想かも)、どこかで決めないとならないですね。

ここまで書いて思い出しましたが、来月のスクーリング準備もそろそろ着手しなくては。
直前でやろうとすると、思いの外時間のかかる事前課題だったりして自爆すること多々あるのです。

<前回からの勉強時間>

Udemy: HTML+CSS 55分

読書:  テキスト「グラフィックデザインの視点と発想」45分

「Webディレクションの新・標準ルール 現場の効率をアップする最新ワークフローとマネジメント」 47分



こちらは仕事の関係もあって、読み始めました。
今知りましたが、私が購入した後すぐに改訂版が出たらしい・・・ショック。

前回かからの勉強時間:2時間27分

2020年累計の勉強時間:68時間6分

2020年1日あたりの平均勉強時間 (66日経過):1時間1分(前回比:-1分)

こちらクリックしていただけますと、ランキングの順位が変わります。



にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ
にほんブログ村

本日のランキングは18位。



2020年3月 4日 (水)

テキスト:情報社会とコミュニケーション

3月に入りました。
課題に取り組むにあたり、入学時に配布されている「情報社会とコミュニケーション」という大型本のテキストを読んでいるのですが、これがとても面白く大学の学習以外の部分のところにも、いろんなヒントや気づきがあります。

広告というのは、消費への欲望を起こさせるもの‥という定義は、なるほどと思いますが、一方でBtoCに対してはすんなり理解できるけれどBtoBの場合は、どうなんだろう?
ビジネスの担当者が製品やサービスを導入したくなるって、どこの欲望を起こさせるのがいいのかな‥と、仕事に関連することを考えたりしています。

また一方で、ナチスの宣伝大臣だったゲッペルスの宣伝手法や以前から読もうと思っていたスーザン・ソンダクの話などが出てくるとそのあたりももう少し知りたいとか、看板とデザインについて読めば、街中の看板をよく見るようになったりと興味が広がります。

消費者としての自分の欲望を刺激する広告って、自分の場合どういうものが刺激されるのかな‥思いながら、広告やコピーを見てみると新たな視点が新たな発見を連れてきてくれて、これまた楽しい。

そういえば中大で法律を学んだときは、一段深く新聞が読めるようになって嬉しかったなぁ‥ということも思い出しました。

法律以上にデザインというのは、身近に取り巻いていて、苦労は多いけれど学びをスタートしてよかったな‥としみじみ思います。

<前回からの勉強時間>

Udemy: HTML+CSS 25分

読書:情報社会とコミュニケーション 1時間49分

前回かからの勉強時間:1時間49分

2020年累計の勉強時間:65時間39分

2020年1日あたりの平均勉強時間 (63日経過):1時間2分(前回比:-5分)

よろしければ応援のクリックをぜひお願いします。



にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ
にほんブログ村

ランキングの位置を下に変更しました。本日のランキングは18位。
ぼちぼち行きましょう。



« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »