2010年8月27日 (金)

法律科目の勉強法 基本書を読みこなす

法律の基本書とは、その科目の中で主流の先生が書かれ、その法律が体系的にまとめている本を指します。生協平積みされていたり、Amazonでその科目で検索をするとトップのランキングにいたり、それから司法試験の出題者になっていたりすることもあります。

例としては、「芦部・憲法」「内田・民法」「前田・刑法」なんていうのが以前から有名ですね。
大体壮丁もなんとなく「すごそう」「偉そう」という感じなんで、実際に書店で見てみるとすぐわかると思います。

その科目全体を網羅していますから、ようはこの本を読みこなし、さらに判例百選を味方につければ、試験もレポートも突破可能です。

・・・・が、大体において分量が多くて、いろんな学説の研究も含まれているので、なかなかこれが読みとおせない。
読みとおすためにいくつかのコツがあります。
下記にまとめてみますので、お好みで試してみてください。

1.まず目次全体を良く読む。(法律の体系が見えてきます。読んですぐ忘れちゃっても問題ありません)

2.全部のページをぱらぱらとめくってみてみる。図や表のあるところは少し時間をかけて眺めてみる。

3.読み始める。

3-1 「こんなの読みとおすの無理ー」と思ったら、音読で声を出して読んでみる。

3-2 タイマーで集中できる時間を計ってみる。

3-3 集中できる時間(たとえば3分間)まで読んで、そこで終える。

3-4 次の日はタイマーで計ってがんばって4分間読んでみる。

3-5 翌日以降1分ずつ読む時間を増やしていく。

このやり方は、基本書読みに限らずあらゆる、身につけたい習慣に適用可能。興味のある人はぜひ読んでみてください。
「脳が教える! 1つの習慣」 

4.ノートは取らない(初回は)

5.何度も繰り返し読むことになるので、最初の1回目(初読)は理解できなくても立ち止まらない。

6.こうして色んな方法を試して、一度本を通読できると、二回目以降読むときは、とてもスピードと理解力を上げて読むことができるようになります。二回目以降は好みに応じてノートを作っても良いと思います。

ちなみに私は判例百選を読むのが苦手です。
紙質の悪さ、文字のぎゅうぎゅうに詰まった感じ。読んでいて本当につらくて頭に入らない。
でも、どうしても読まなきゃいけない事例のときは、PCに内容を頭から打ち込んでいきます。そうすると自然に頭に入ってきて、理解もよくできます。

基本書でこれをやるのはつらいですが、まぁ、もしも色々と試してみてダメで且つ、PCの文字入力が苦にならないという方がいれば試してみてください。本当によく理解できます。

学問に王道なし・・・・としみじみ感じる今日この頃。
一緒にがんばりましょう。



にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ
にほんブログ村 ←久しぶりにランク10位以内に戻ってきました。現在の順位の確認はこちらをクリックすると見ることができます。

2004年9月28日 (火)

法学2通目合格&年内目標

ようやく出張から戻りました。

ぎりぎりで提出した法学のレポートはB評価の合格で返送されていました。

これで夏季スクーリングに出席した分のレポートは全部合格。

ほっとしましたー。

さて、年内は以下のレポートを終わらせたいなと目論んでいます。

・商法総論・総則1通

・体育理論 2通

・知的財産法 2通

・社会政策 4通

かなり私の目標としては高い数値ですが、このぐらいやっておかないと後が苦しくなりそうです。

現在私の生活は家庭・仕事・コーチ・大学の4つが主な柱。

一つに偏らずバランス良く回していきたいものです。

2004年9月15日 (水)

法学レポート合格

法学のレポートがようやく1通返送されました。

結果はBで合格。助かったーというのが正直な感想。

自分で書いていても、なんじゃこりゃ・・・・、全然ロジカルじゃないね・・・でも時間足りないし、出しておいて、ここが駄目だインストラクターから指摘されたほうが結局一人で結局こねくり回すより、合格も早いだろうと出しちゃったレポートだったのです。

課題は「裁判の法創造的機能について」でした。

インストラクターからのコメントは、以下のとおり。

・裁判の法創造機能の許容性について、制定法主義や三権分立との関連での記述がみられらない。

・司法過程論に対する論述がみられらない。

以上が問題点である。

あと1通合格していれば、夏季スクーリングの分のレポートは全部終了の予定。

2004年9月13日 (月)

レポートの書き方 

レポートの書き方についてよくMailでご質問をいただきます。もちろん私はインストラクターでも大学の先生でもありませんのでレポートの内容についてではなくて、どうやったらレポートが書けるのか?という「産みの苦しみ」の部分についてのご質問です。

書き方は千差万別、人それぞれだとは思うのですが、参考までに私の手順をまとめるとこんな感じです。

1.どの課題を書くか決める。

2.課題の推薦図書や関連すると思われる書籍を集める

3.法律分野のレポートの場合は、さらに判例集、最高裁判所ホームページなどから関連しそうな判例を集める。(これは必須です)

4.教科書+関連書籍、判例等をひたすら読みます。

5.読んだ中でキーワードになりそうな部分、使えそうな箇所を、アウトラインプロセッサに順番等を気にせず入力していきます。※アウトラインプロセッサは「あうとら」というフリーソフトを使用しています。

6.ついでに参考文献についてもアウトラインプロセッサに入力しておきます。

7.アウトラインプロセッサ内にたまったキーワードを眺め、レポート全体の流れを考え、キーワードを並べ替えます。

8. 各キーワードにそれぞれの内容の文章を入力してていきます。

9. もう一回課題を見直す。問われているのは何か?それに対する回答になるかを考える。「説明せよ」「考察せよ」「どのような措置がとれるか?」「~とは何か?」等をよくチェック。

9. テキストで出力し、Microsoft Wordもしくは秀丸を使用して前後を整えて、修正・追加・削除の上文字数を2000字前後にする。

10.印刷して、レポート用紙に書き写し提出。

ポイントとしては、わからなくてもとりあえずどんどん入力していくというところですね。書いていると段々足りない点がわかってきますので、そこをどんどん追加します。

ちなみにマインドマップは後から結局細かい語句や文章を入力するのが面倒なので、あまり法律分野のレポートには使用していませんが、教養科目には結構使いました。

まぁしかし1-10までのステップが常に流れるようにうまくいくわけではりません。というか、ほとんどの場合7-9のどこかでかなり苦しみます。

あんまり苦しんでも進まないときは、とりあえず「塩漬け」します。

「塩漬け」というのは大体1ヶ月程度放置して、違うレポートに取り組むことです。そうして気分転換をした後に、再度見てみるとどこが足りないのか、何が余分なのかわかることが結構あります。

「塩漬け」をするメリットとしては、途中までやってあるので仕上げるのが楽。例えば毎月2本レポートを出そうと思っていても、中々時間がないとか集中力がなくてできないとき、塩漬けを取り出し仕上げます。途中からとはいえ、達成感があります。

 もう一つのメリットとしては、煮詰まっているところで全てがストップしてしまわず、他の作業に切り替えられ、学習は進み、ストレスも軽くなる点でしょう。

さて、商法(総論・総則)のレポートは塩漬けしたいーとの誘惑と闘いながら、今朝も少し書いています(入力しています?)。

スクーリング直前のものは塩漬けできません。学習は計画を持って・・・・と自分に戒めています(涙)

2004年9月11日 (土)

憲法2通目合格

憲法のレポート2通目が返ってきました。

こちらの課題は「法の下の平等」。

評価はなんとA!

Aの評価だけは二段階あって、5と4に分かれていますが今回はなんと良い方の5でした。

いやいや嬉しいです。こんなに評価が良いレポートは社会学以来か?(←法律科目でないところが情けない)

夏季スクーリングに出て、この部分はちょうど講義の中でも取り扱っていたので、課題に恵まれたのが今回の勝因かと思います。

コメントもかなり好意的で、『全体を通じて大変に読みやすいと思います。文章の構成、話の進め方がスムーズで全体に統一がとれています・・・・(後略)』

こういう評価をいただくとインストラクターの方の字についても、まぁいっかと思えるのですから、勝手なものです。

やっぱり評価が良いとモチベーションが上がるし、それ以降の勉強の励みになります。

さぁ商法頑張ろう。

2004年9月 8日 (水)

憲法1通合格

出張前に出した政教分離の原則について書いたレポートが返却された。

評価はBで合格。

いやいや良かった。でも出しているレポートはあと3通残っている。

駄目なら早く返って来て欲しい。そうすれば、再提出のチャンスが残っている・・・。

それにしても採点してくださったインストラクターの方の字の乱暴さには閉口。

この時期、採点が多くて大変なのはわかるけれど・・・・・。

2004年9月 4日 (土)

商法(総論・総則)スタート

出張を終えて帰国したが、出張前に出したレポート4通(憲法・法学)はまだ帰ってきていない。

後で考えれば考えるほど再提出ではないかと思えてきたので、家に戻ったらすぐに書き直そうと思っていたのだが・・・・。このままだと期限内合格は厳しそうだ(涙)

再来週からまた海外出張のため、その間に商法(総論・総則)のレポートを一通書き上げようと思っている。

11月の商法のスクーリングにはぜひとも参加したい。すでに商行為のほうの単位は修得済みなので、総論/総則を1通合格すれば受験資格は得られる。

早速朝から1時間ほど教科書を読み、関連条文や判例を調べ、教科書の該当箇所を読み始めた。今回は不正な商号使用についての課題を書く事とした。

この最初の作業とというのは、ジグゾーパズルの最初にあたる作業のようだ、ちょっとずつちょっとずつピースをあてはめていく。

お昼からは図書館で参考文献をいくつかコピーしてくる予定だ。早く全部のピースをそろえなくては・・・。