2014年2月19日 (水)

口頭試問

卒業論文の口頭試問が終わりました。
雪の残る本校舎。
事前に想定はしていましたが、3号棟の一部使用中の教室にしか暖房は入っていないため、廊下とか化粧室とか無茶苦茶に冷えていました。寒いの苦手な方は対策必要です。

口頭試問は今年2日間にわたって行われたようですが、まぁ生徒が少ないです。
さすが卒業率10%未満というだけありますね、という気がしました。
口頭試問の場に、足を運ぶところまで辿り着くことが大変だということです。

卒論のテーマは労働法で「近年における新卒採用内定取消の法的処理について」ということを書きました。
まぁ、何年も卒業論文に取り組みましたが、当初はベンチャーキャピタルにいたこともあり、M&Aにも携わったりする機会があったので「企業合併と営業譲渡」について書くつもりでしたが会社法が変わってしまい、商法で単位を取ってしまった私にはちょっと厳しいかな…と、(あと商法で単位取っちゃった人に、会社法で卒論出す許可が下りるのか?という疑問もあり)。

次は労働法のテーマで成果主義の導入における諸問題と法的整備について。
まぁいわゆる就業規則の不利益変更を書こうと思っていたのですが、書いてる途中で判例出ちゃって、結論決まり、労働契約法施行スタートし…とタイミング悪くなってしまって、ゼミの先生に飲み会でさくっと聞いたら、「そりゃぁー、即効テーマ変えるか、そのまま書ききって無理やり出して卒業だけは勝ち取るかだねぇ…」というアドバイスをいただき、論文テーマを変えて今回に至ったという感じです。

(既に集めてしまった膨大な文献を前にしてテーマを変更するというのは結構悲しいし、立ち直りに時間がかかりました)

労働法とそこそこ長くお付き合いをして、しみじみ思ったのは、今の労働環境を良くしようとするのであれば、それはもう立法の問題ではない…ということでした。
口頭試問でも先生とそういうお話になり、先生も広い意味では同意見で持論を展開していただきました。

・・・・・というわけで、30分はあっという間に終わり、私の口頭試問なのに先生のお話を拝聴してしまってよかったのかな?と疑問に思わないでもないのですが、考えるに口頭試問の目的は、本当にこの生徒が自分でこの論文を書いたのか…盗作とか、他人が書いたのではないのか?というのの確認がメインのように思います。論文そのもの良し悪しは、すでにその前に終わっているようです。

辿り着く前は、これで校舎も見納め、ぐるりと見て回ってこようなどと思っていましたが、寒くて寒くて試験会場である3号館から先にはまったく行きませんでした。愛校心足りないような気もしますが、本当にもうさんざん長く通教やったので、許してね…という感じです。

口頭試問の合否通知は3月7日週ということで、待機中の現在です。

2013年11月 2日 (土)

卒論ハンドブック(リベルス5)

なんかこう微妙にアクセス数が多いこのブログですが、もう卒論しか残っていないので、面白いネタもないし、学習進捗もないし、もちろん大学卒業の素晴らしいノウハウもないので、運営者本人の私もなぜそんなにアクセスしてくださるのがかなり不思議です。

さて、今月半ばは卒論最終締め切りですな。

レポートと卒論の距離は果てしなく離れいていますが、中でも私にとって戸惑うのは注釈やら参考文献をとにかく細かく記入しなくてはならないことです。
これをやり始めると、普段読んでいるものもなんか手元にオリジナルの本、もしくはコピーがなくては心配になってきます。なんでもとりあえず出版年月日を確かめる癖がつきました。
やっぱり出版時期によって、経済情勢やら背景文化が変わるので、論文そのものに記述するかどうかは別にして、判例の読み方なども変わりますね。
こういう時、Internetというのはとても助かります。

あと、本やらブログやらの読み方が論文的になってきて、その意見やら調査はどこが大元のネタなのか、気になってしょうがない…というのがあります。
最近、洋書の翻訳はある程度の値段のものは大体参考文献とか出典元があるので、安心しますし、助かります。
日本の本もノンフィクションについては、ぜひそうなると嬉しいなぁ。新書とか読みやすいんだけれど、参考文献記載が少ないものが多くて…。

普段、雑多な本の管理は、Media Makerを使用しています。気がついたら引用文も管理できようになって、結構助かります。

まぁ、本格的な研究や論文資料には向かないと思いますが、私のように普段雑多に何か書き散らす程度なら、これも良いかも。

ところで卒論ハンドブック(リベルス5)というのは、相変わらず卒業に近い学年にならないと請求できないのでしょうか?
もし可能なら、入学してからできるだけ早く入手しておくと良いと思います。

これを読んでおけば、いかに卒論が大変なのかイメージが持てますので。逆に言うとこれ以上はやらなくて良いのか…というのもざっくりわかります。

2013年8月23日 (金)

最近、気がついたこと

1. 私の場合、勉強は午前中に終わらせないと、能率が極端に落ちる。

2. 現在、している勉強は大学の卒業論文のブラッシュアップと、仕事で必要になったTOEICのスコアGET。
目的は単なるスコアGETなので、英語の勉強というのとはちょっと違う。

3. と言いつつ、英文に触れる機会が増えたので思うのだが、英語というのは勉強というよりも、音楽に近いなと思う。
ルールがあるようで、ない部分もあるし、理解するとかわからないとかいうことはほとんどなくて、丸覚えして(丸覚えのやり方はいろいろあるが)、好きなときに使えるようにするということなんだな。
とにかく量。

4. 英語の勉強は頭を絞らなくて良いのだが、論文はそういうわけにはいかない。
何度も行きつ戻りつ試行錯誤して、ようやくわかることが多い。

5. 論文と英語を並行してやっていると、英語がすごく簡単に思えるので、モチベーションが上がる。
どうも英語の勉強のモチベーションが出ないという人は、全然関係ない頭をつかう勉強も並行してやると良いかも。

6. というわけで、最近は急ぎの仕事がなければ、13時までに、朝読書、TOEIC、論文、「ささやかなこと」以外のブログ書きをやろうとしているが、最後のブログ書きが実は結構難関。特に本のブログがきつい。

7. 午前中は家も片付けたい…というのがちょっと難関で、片付けないと気が散って勉強に集中しにくいのだが、なんとかここは前日午後〜晩までにきれいにしておいて、朝はすんなり勉強というように持っていきたいところ。

2013年6月15日 (土)

第二回卒論レポート

締め切りぎりぎりでしたが、第二回卒論レポート出しました。

バイク便で頼もうかと思ったのですが、久しぶりだし、時間もあるし…ということで、多摩本校舎行って来ました。

モノレールから行くと、通信教育部事務室って真反対にあるので、結構な運動量ですねぇ。

でもやっぱり行くと、自然が素晴らしくてあー、夏スク開催期間中だけでも、図書館来ちゃおうかなぁと考えています。(往復4時間ぐらいですが…)

自宅に帰って、白門を見たら、今、夏スクって2週間しかないのですね。私が最初に参加した頃は、ちなみに4週間ありました。
まぁ、その分オンデマンドとかなかったですけどね。それだけ、単位も取りやすくなったのかもしれませんが、ちょっと寂しい気もします。

卒論は明日から毎日1000字ずつ、追加/推敲する予定です。
しかし、とりあえず出し終わって、なんだかホッとしました。もちろん、山場はこれからなんですけどね。

2013年6月 1日 (土)

リーガル・リサーチ本は一冊読んでおきましょう

さて、6月に入りました。

いつも4月入学を希望されているもしくは、新入生の方々からのアクセスが2月から5月上旬までアクセスの多いこのブログなのですが、なんだかアクセスが引き続き多いのが今年で。
あまり書くことがないのですが、プレッシャーに負けて書いてみます。

相変わらず卒論を書いています。

文献調査もあれこれ引き続きやっていますが、なんかこれって効率悪くない?ひょっとして、もっと良い文献検索方法が?と思っていた時に、図書館で出会ったのが、以下の本です。



もう目からウロコ。
なんだよ、もっと早く知っていればとしみじみ思いました。以外にこの手の本て、大きな書店の法律書売り場にもないんですよ。
きっと大学の生協とかにたくさんあると思うのですが…。

レポートぐらいなら、ここまで必要ないので今まで探したことなかったのですが、論文には必読ですね。
インターネット以降、リサーチ方法はあれこれ進化しているので、この手の本でなるべく最新のものが手元に一冊あると良いと思います。

私の読んだこの本はかなりわかりやすくて、実用的でした。
図書館で借りたのですが、今後のためにも手元に一冊買っておきました。論文の書き方みたいな本より、全然役に立ちます。
リーガル専門なので、無駄がないですね。

レポートでも参考文献の抑え方がよくわかるので、基本書全部読んで該当箇所を抑えるよりも効率良くそのポイントだけの論文を探すこともできますね。(単位習得試験にそれが通用するかは別ですが…)

2013年3月22日 (金)

京大カード

本日は地元の図書館で文献管理。
さすがに必要なものと必要でないものとだいぶ区別がつくようになってきたが、まだまだいくつか入手必要。 近々に国会図書館に行かなくては…という感じ。

厚生労働省の資料もまとめてがさっと片付けようと思う。

それにしても、卒論も3回目。2回目のものはほぼできていたのだが、演習の先生(知財)に相談したら、「ほぼできたんですが、なんか判決出ちゃってもうすべてその議論終了。しかもすでに私自身それに興味なしなんですよ」と話したら、「そりゃ、きついね。知財で出し直したら?ゼミの先生見てくれないの?あー、通教ゼミないんだな」という話になり、やっぱりそういうものなのね、と思いつつも、今から知財は結構つらいっすー。
突っ込みどころ満載だしね。

…と思って、結局テーマを変えて、労働法というジャンルはそのままにした。

先日ちらりと本のブログに書いたのだが、今回の文献管理には京大カードを使っている。今のところ順調。
手書きでものを書くと、また頭の動き方が違うような気がするなぁ。

2010年9月 1日 (水)

今月は卒論熟成月間とします。

卒論のテーマになる文献を読めば読むほどあれこれ、書きたいこと、もっと調べるべきことが出てきてしまって、収集つかなくなっています。
もっというとたとえば判例検討などの切り口を下手に選択してしまうと、卒論のテーマとの一貫性が微妙にずれてきてしまってきて、確かにその判例を参照するのは、正しいけれど、私のロジックでいくならそういう風な検討の仕方は前後が合わないよね?
ということです。

そうか、研究者がどの学説を選ぶということは、こういう苦労があるのか・・・とちょっとわかりました。
ある判例ではA説を採り、次の判例ではB説を採るなんていうのは、論理の一貫性が破たんしますね。法学を学ぶものとしてこんな基本的なことに今頃気がつきました。

通常の通信課題のレポートでは、論じる範囲が狭いので、なんとなく良さそうな学説を一つ選びだせば結構そのまま2000字なんて書けちゃいますからね。

それからやっぱり労働法全体の俯瞰がよくできていない、さらに言えば関連する憲法、民法などとのところがまだまだ弱い・・・・・というのも見えてきました。

このまま切り貼りみたいな形だけ整えた卒論を出しても間違いなくアウトだと思うので、9月一ヵ月はとにかく資料と関連図書を読みこなして、自分の中から、「ああ、これ絶対書きたい」というのが出てくるの待ちたいと思います。
そうして、もぞもぞ書きたいという気持ちを抱えて、10月に一息に書ききって、11月提出。

おいおい、そんなにうまくいくか?という声は今すでに心の中からから聞こえています。

でも、そうしようと思います。
良く考えれば、何も今年
無理に卒業しなくても、別に来年9月でも特に困る理由もありませんしね(←この発想で、いつも卒業延びています)



にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ
にほんブログ村 ←さて、このブログの順位は現在何位でしょうか?

2010年7月21日 (水)

卒論レポート返却されました

お騒がせしました。卒論レポート返却されてきました。
約1ヶ月後が提出締切です。
締切前週が夏スク。あつーい夏となりそうです。

大変丁寧にコメントをいただいて、かなり具体的になってきました。
添削の先生には本当に感謝です。

あと残りの気がかりは7月試験の結果ですねぇ。

2010年7月16日 (金)

第三回 卒論レポート

すでに第二回目の分が7月上旬に返却されている方もいる・・・・との情報を得て、慌てて事務室に問い合わせました。

私の分は未だ添削中とのこと。

返却が遅い分は、三回目のレポートの締め切りをも遅くなるという理解で良いんですよね?と確認したところ、「yoshikooさんのご理解のとおりです」となんか微妙に歯切れの悪い返答が・・・・。

もうこうなったら、夏スク終わってからむしろ返ってきてほしいです。


にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ
にほんブログ村
↑よろしければクリックしてください。更新の励みになります。

2006年6月 4日 (日)

卒論レポート第二回

今日は、卒論レポート第二回に一日とりかかりました(といっても、途中夫とお昼食べに出かけたり、お昼寝したりしていますけど・・・・)

テーマは企業再編における労働問題についてなのですが、内容が内容だけに商法に触れなくてはいけない部分も結構あって、そうなると・・・・そう、会社法もある程度見ないとならないんですねぇ・・・・・。うーん。何としても昨年度卒業するべきだったのか・・・・とちょっと思っています。

(って言ったって、実態は出張多すぎて絶対無理だったんですけど)

規定文字数(12000~24000文字)の10倍ぐらい書いて、9割削るぐらいの気持ちで書いてちょうど良いかも。

うーん、捨てる文献とか着眼点を見極めるのもなかなか難しいですね。

より以前の記事一覧

  • 2006.05.21